4月 12 2017

ホテルチェックインしたいのに・・・

紹興酒の故郷である紹興市へのツアーアテンドに行って来ました。

それで、夜は市街地中心にある「紹興大飯店」に泊まることになりました。

歴史のあるホテルで、最近リニューアルされています。フロント係員も座った状態で仕事できます。

ところで・・・

フロントチェックインの様子

フロントチェックインの様子

チェックインしたいけど、チェックインできず、中国の婆ちゃん達のパワーに負けました。座らずにワーワーしています。あ、どうしよう・・・

3月 30 2017

中国人が清明節に食べる物

4月4日は中国の伝統祝日「清明節」です。
それで、この祝日に食べるお菓子を買いました。

青団

青団

「青団」というお菓子ですが、日本の草餅に似ています。
しかし、今回驚いたのは、初めて「青団」の英語名が分かりました。
「Qing Dumpling」というのですか!

青団

青団

中身がアンコです。
甘いお菓子で温めて食べるのは最高です。

 

3月 09 2017

下海廟:上海の名前はここから始まった

下海廟

下海廟

国際大都市の上海はどうして「上海」と呼ぶのでしょうか。
実はほとんどの上海人も知りません。
上海の北部にあるあまり知られていない小さなお寺「下海廟」から始まったのですよ。

下海廟

下海廟

「下海廟」は1716年に設立された。
当時は非常に小さな漁民達が海に出発前にお祭りをするお寺でした。その後に何回か廃棄されたり、作り直されたりしていました。現在のお寺は約1800平米の建築面積を持っています。

下海廟

下海廟

上海には一本母なる河があり、名前は「黄浦江」といいます。「浦」は上海現地方言では、小さな支流の川を意味します。このお寺近くの川は「下海浦」と言います。

下海廟

下海廟

「下海浦」にある「下」は下流の意味で、少し上流になるところは「上海浦」と言います。そこから、「上海」という地名が始まりました。

 

下海廟

下海廟

現在の「下海廟」は入場参拝料5元で入場できます。

下海廟

下海廟

静かな場所にあり、そこそこ数百年前の上海は一つ小さな漁村を記録しています。

 

3月 01 2017

上海動物園でパンダを見た

上海動物園

上海動物園

なかなか素敵な晴天で、上海動物園へ一足運びました。
今日は運がよくて、可愛いパンダ2頭を見れました。

上海動物園

上海動物園

ちょうどう餌をやりましたので、満足そうに食べています。

上海動物園

上海動物園

満腹になったら、後は遊びです。

上海動物園

上海動物園

上海動物園は大変施設が古くなっていますが、すでに何十年も(?)大きくリノベーションしていません。何もアトラクションもなく、のんびり動物を見るだけです。中にいる動物も仕事がなくて、平凡な幸せを感じていますよ。

 

2月 21 2017

10年ぶりに中国の在来線電車に乗った

切符

切符

週末に蘇州から上海に戻るための高速鉄道が全部満席になって、やむを得ず、在来線の電車に乗ることになりました。
電車切符が15.9元で、新幹線より24元安いです。

中国在来線電車

中国在来線電車

上海にいると、ほとんど高速鉄道ばっかりで、在来線の電車に乗るは10年ぶりかもしれません。
今の在来線電車は、すべて緑になっています。

中国在来線電車

中国在来線電車

車内はこんな感じです。IPhoneは綺麗そうに取れていますが、実はさすが年数がありますね。

プレート

プレート

そして、掛けれているプレートでは、車両の年数が分かりますね。

連結部

連結部

車両連結部では、タバコがOKです。それも一部の人に対しては、在来線電車のメリットですね。

車内弁当

車内弁当

電車切符が24元安くなりましたが、運行時間が1時間長くなりました。
20元を使って、車内で弁当を買いました。6元を使って、コーラを買いました。
中国新幹線の弁当はすべて冷凍ご飯が電子レンジで加熱されていますが、ここの在来線弁当は駅職員や電車の職員が作ったご飯です。旨いとは言えませんが、家庭料理の味で好きでした。
毎日急ぐ新幹線に乗るより、大分気分が違います。ゆっくりご飯を食べて、電車の音を聞きながら上海に戻ってきました。

 

1 / 5812345...最後 »