Category: 世界遺産

12月 09 2010

石林 ~Part2~

こんにちはチャイナエイトです。

今日は石林の続きです。

孫悟空が捕まっていた穴

孫悟空が捕まっていた穴

中国の有名な西遊記のドラマがこの地で撮影されたことから、

この穴を孫悟空が捕まっていた場所として紹介しています。

ドラマで本当にそのような演出があったのかも知れません。

ゾウさん

ゾウさん

さて、岩の上にいるのはなんでしょう?

写真にゾウさんって書いちゃってますね。。

そうです、ゾウに見えるゾウ石です。

ではこれはなんでしょう?

ではこれはなんでしょう?

では、これはなんでしょう?

これはネズミさんです。

この他、ラクダさんやカメさん、ワニさんなど見ようによっちゃそう見える石が沢山あります。

音のする石

音のする石

動物シリーズの他にも、叩くととぱぁ~んと音のする石もありました。

最初は叩いている音しか聞こえないですが、

コツをつかむと、石が空洞なのか、周りの石に反射しているのか、

ぱぁ~んと高い音が聞こえます。

展望台

展望台

大石林のクライマックスは石林を一望できる展望台。

天気は悪かったですが、それでもかなり見ごたえのある景色です。

撮影ポイント

撮影ポイント

記念写真は、一段下がった場所を、展望台から撮ってもらうと、

石林の幻想的な感じが良く出ます。

公園

公園

せっかくなので小石林も見たいと思い徒歩で向かいます。

小石林

小石林

大体10分くらいで、小石林へ到着します。

芝生が引き詰められていて綺麗な公園になっています。

ぱっと見て大石林とさほど変わらないだろうと思い中には入りませんでした。

屋台

屋台

帰りに来る時すっごく気になったおばあちゃんの店に立ち寄りました。

どれもおいしそうでしたが、焼きじゃがと、湯でとうもろこしを買うことに。

焼きじゃが

焼きじゃが

これがチョーうまいのなんのって。

おばあちゃんの横で食べてたら、旦那さんのようなおじいちゃんが、

「どうだ、うまいだろう。俺が今朝採ってきたんだ」と、

自慢げに話しかけてきました。

「うまいっす、マジうまいっす」

ゆでとうもろこし

ゆでとうもろこし

とうもろこしも甘いのなんのって。

もし屋台を見つけたら絶対におすすめです。

ということで、世界遺産よりもジャガイモとトウモロコシがおすすめの石林でした。

世界遺産石林のお問い合わせ

世界遺産石林のツアー

12月 07 2010

石林 ~Part1~

こんにちはチャイナエイトです。

今日は昆明にある世界遺産「石林」をご紹介します。

石林

石林

撮影日:2010年10月

撮影場所:雲南省石林イ族自治県

石林は昆明市内から車で約1時間半ほどの場所にある、

中国南方カルストとしてユネスコ世界遺産に登録された観光地です。

石林はその名の通り、30m以上の高さがある切り立った岩が、

林のように連なっている場所で、中国では天下第一奇観と言われています。

電動自動車

電動自動車

敷地はとても広く、大石林、小石林、新石林、石林奇風洞などのエリアから

出来ていて、全部くまなく見るにはまる1日はかかります。

駆け足のツアーなどでは、写真の電動自動車的なもので、

さくさくとポイントだけを回ることもできます。

焼き芋

焼き芋

世界遺産の観光地だからもっと観光地化されていると思ったら、

入り口周辺はこんな感じの屋台や果物やが軒を並べていました。

いい香りでチョーおいしそう。

ガイドさん

ガイドさん

チケット売り場の付近には民族衣装を着たガイドさんがたむろしてます。

日本語ガイドがいても、一緒に写真も取れるし、雰囲気でるので、

ガイドさんと一緒に回るのもいいかもしれません。

世界遺産

世界遺産

入場するとすぐにこのような大きな岩が目に入ります。

ちゃんと世界遺産って書いてありますね。

地図でチェック

地図でチェック

出発前にちゃんと地図で確認。

先ほどいくつかのエリアに分かれていると言いましたが、

普通は大石林だけを観光するパターンがほとんどだそうで、

時間があったら、その隣にある小石林もちょっと立ち寄るそうです。

屏風

屏風

15分ほど歩くと大石林に到着します。

まず見えてきたのがこの屏風石。

そのあまりの大きさにテンションがあがります。

パシャパシャ写真をしつこく撮っていたらガイドさんに、

まだまだこんなもんじゃないですよっ、急がないと全部見終わんないから

そろそろ行きましょうと言われ、さらに期待が高まりました。

石の壁

石の壁

ガイドさんは普通に進んで行きますが、

ちょっとこの絶壁は尋常じゃないです。

イ族の踊り

イ族の踊り

少し開けた場所でイ族の人たちが踊りを踊っていました。

イ族の女性

イ族の女性

イ族ってあまり特徴のない少数民族ですが、雲南省で人口の一番多い少数民族だそうです。

石林

石林

またまたガイドさんに、早く早くこっちこっちとせかされて行ってみると、

出ました、「林石」。ガイドブックによく載っている場所です。

ここからが本当のスタート地点。

民族衣装で記念撮影

民族衣装で記念撮影

民族衣装を着て記念撮影も出来るようです。

10元って言ってました。こういう場所にしては結構安い。

恐怖石

恐怖石

みんな立ち止まって眺めていましたが、いつ落ちてくるか分かりません。。

地震で崩壊

地震で崩壊

この岩は数年前地震で崩れたそうです。

こんなところで地震がおきたら一巻の終わり。。

刀山火海

刀山火海

まるで刀を立てたように鋭くとがった岩は「刀山火海」と呼ばれています。

困難な危険な場所という意味があるそうです。

石のカーテン

石のカーテン

よく見ると滑らかな曲線もあって石のカーテンのようにも見えます。

石森

石森

さらに進むともはや「石林」ではなく「石森」です。

体重制限あるかも?

体重制限あるかも?

360度大きな岩に囲まれながらその隙間を縫うように進んで行きます。

コケ

コケ

ずっと灰色の世界が続きますが、足元を見ると植物の緑も。

づづく・・・

石林に関するお問い合わせ

石林のツアー

1 / 11