Category: 江蘇省

2月 21 2017

10年ぶりに中国の在来線電車に乗った

切符

切符

週末に蘇州から上海に戻るための高速鉄道が全部満席になって、やむを得ず、在来線の電車に乗ることになりました。
電車切符が15.9元で、新幹線より24元安いです。

中国在来線電車

中国在来線電車

上海にいると、ほとんど高速鉄道ばっかりで、在来線の電車に乗るは10年ぶりかもしれません。
今の在来線電車は、すべて緑になっています。

中国在来線電車

中国在来線電車

車内はこんな感じです。IPhoneは綺麗そうに取れていますが、実はさすが年数がありますね。

プレート

プレート

そして、掛けれているプレートでは、車両の年数が分かりますね。

連結部

連結部

車両連結部では、タバコがOKです。それも一部の人に対しては、在来線電車のメリットですね。

車内弁当

車内弁当

電車切符が24元安くなりましたが、運行時間が1時間長くなりました。
20元を使って、車内で弁当を買いました。6元を使って、コーラを買いました。
中国新幹線の弁当はすべて冷凍ご飯が電子レンジで加熱されていますが、ここの在来線弁当は駅職員や電車の職員が作ったご飯です。旨いとは言えませんが、家庭料理の味で好きでした。
毎日急ぐ新幹線に乗るより、大分気分が違います。ゆっくりご飯を食べて、電車の音を聞きながら上海に戻ってきました。

 

2月 20 2017

蘇州駅ではまってしまった

上海から新幹線で蘇州ツアーへのアテンドに行って来ました。今回はチャータープランのため、行きの帰りの電車切符はすべて駅に着いてから買うことになっています。上海から行くのはまだ順調でしたが、帰りが・・・

切符販売所

切符販売所

蘇州駅に着いたら、切符販売場がこんなに並んでいます。なぜ中国各地の鉄道切符販売所はみんな照明が暗くて・・・

中国人専用の自動発券機カウンター

中国人専用の自動発券機カウンター

そして、隣の自動切符販売機のところも行きましたが、こんな状態でした。

駅の入口

駅の入口

16時頃蘇州駅に着いたものの、入手した切符が20時以降でした。しかも、切符をもって駅舎に入ろうとしたところ、安全検査でもものすごい行列でした。

【PR】中国国内CRH新幹線切符手配【上海⇔蘇州】 ※最新列車時刻表※

12月 21 2016

唐詩「楓橋夜泊」と蘇州の寒山寺

蘇州日帰りツアーのアテンドで上海から蘇州へ来ました。

蘇州 寒山寺

蘇州 寒山寺

千年古刹の寒山寺を訪れます。このお寺が有名になった理由は一つだけ、唐代の詩人張継が書いた唐詩「楓橋夜泊」が中国人の小学生時代に習ったからです。中国では誰も知ってる唐詩です。

寒山寺の鐘楼

寒山寺の鐘楼

<<楓橋夜泊>> 唐・張継
月落ち烏啼きて霜天に満つ、
江楓の漁火愁眠に対す。
姑蘇城外の寒山寺、
夜半の鐘声客船に到る。

石碑

石碑

【現代語訳】
夜が更けて月は西に傾き、烏が鳴き、霜の気が天に満ちている。
漁火の光が運河沿いの楓の向こうに見え、旅愁を抱いて眠れないでいる私の目にチラチラして見える。
姑蘇城外にある寒山寺から夜半を告げる鐘の音が響き、この船にまで聴こえてくる。

【PR】CRH新幹線で行く 蘇州日帰りツアー

12月 16 2015

初冬に行く 蘇州世界遺産の庭園「留園」

留園

留園

こんにちは。チャイナエイトです。
この度、上海から日帰りツアーのアテンドで、世界遺産の蘇州庭園「留園」を訪れました。
冬を迎えたばかりの蘇州庭園は最も美しい時期を迎えています。

留園

留園

蘇州庭園の建築物に、窓が綺麗です。
透かし窓と言います。

留園

留園

木造やレンゲ作りの窓を通して、向こう側の景色を楽しんでもらいます。

留園

留園

窓が絵の額になります。
廊下で歩きながら、額を通した景色も変わります。

留園

留園

この時期の蘇州庭園に行くと、紅葉も素晴らしい景色になります。

留園

留園

わざわざ遠く行かなくても、上海から近くの蘇州庭園でも、こんなにきれいな紅葉が見えますね。

留園

留園

生き生きした冬です。

留園

留園

築山に上ったり、池沿いで歩いたりすると、気持ちが最高です。

留園

留園

蘇州庭園への初冬の旅はいかがですか。

【PR】CRH新幹線で行く 蘇州日帰りツアー(上海発)

12月 15 2015

和諧号CRH 商務席と観光席の違い

CRH

CRH

こんにちは。チャイナエイトです。

上海から蘇州の日帰りツアーにアテンドしてきました。
お客様とともに、高速鉄道の1等席の切符を購入しました。
座席は1号車の1A、1B、1Cです。
車両に乗ったら、革張りのシートにびっくりしました。
これは、普通の1等席と違いますね。

CRH

CRH

普通の1等席は2+2の配置ですが、ここは1+2です。まるまる「商務席」と同じシートですが、切符は1等席でした。再三確認したところ、間違えていません。確かに、1号車の先頭にこの6席が「観光席」で、1等席購入した順で当たりました。

CRH

CRH

なかなかラッキーです。窓も大きくて、視界がよいです。

CRH

CRH

これで、興味が湧いてきました。鉄ちゃんである客と一緒に、商務席の車両に潜入していました。
短距離の電車ですので、ガラガラです。
これが、噂の商務席です。見れてよかったです。

CRH

CRH

自分の席に戻ってきました。
この先頭にある席は同じく革張りですが、リクライニングは商務席と違います。やはり値段は違うからね。

CRH

CRH

先頭の席ですが、運転士を見ることができません。

CRH

CRH

いかがですか、一度1等席を買ってみて、宝くじみたいに、先頭にある観光席に振り分けるかもしれませんよ。

【PR】上海⇔蘇州 高速鉄道時刻表 切符手配

【PR】上海⇔杭州 高速鉄道時刻表 切符手配

1 / 712345...最後 »