Category: 洛陽

3月 01 2013

洛陽白馬寺 中国第一古刹

こんにちはチャイナエイトです。
今日は中国第一古刹・洛陽白馬寺をお伝えします。

白馬寺1

洛陽旅行は世界遺産の龍門石窟以外、この白馬寺が価値的でした。
「中国第一の古刹」と言われています。

白馬寺2

この春節の休み中で、たくさん観光客と信者が来ています。

白馬寺3

普段なら、50元の入場券がお祭り期間中は半額の25元になりました。それは少し不思議です。市場経済では、お値上がりのはずですが、このようなお祭りこそ、安くするのは、信者の人々に対しての優しさが分かります。

白馬寺4

本当の白馬寺は2000年前からスタートしていましたので、現存しているものはすべて後からの新築です。

白馬寺5

でも、寺院内の雰囲気も非常に寺院らしく保持できています。後からブログで紹介する少林寺の体験とは全く違います。

白馬寺6

ラッキーなことに、お坊さんが行事をやっています。

白馬寺7

この世の中、世間の誘惑を止めて、仏事に専念できるのは素晴らしいことです。ぜひ一見する価値があります。

白馬寺8

見学が終わって、出口出たら、このような売店で見かけたものです。
細長いのはお線香ですが、それはどこのお寺でも同じです。
このまる~いのは、===爆竹です!
何で?

白馬寺9

実は、実は、皆さんはお寺の前で爆竹を買って、その場でやっています!
それも、お線香と同じ理由?
それとも、この春節だけの現象?
勉強不足で、失礼。
いずれにしても、この爆竹はデッカーです。しかも、長いです。
10メートル離れても、顔にやられてしまいました。本当にヤバイ。
でも、中国らしいので、いいじゃないですか。
洛陽に関するお問い合わせ

2月 28 2013

洛陽名物料理:洛陽水席

こんにちはチャイナエイトです。
今日は洛陽名物料理・洛陽水席をお伝えします。

真不同

 洛陽の名物料理と言えば、「洛陽水席」です。旅行者に対しては無難な老舗「真不同」に来ました。
たくさんの受賞(アワード)を受けた看板が外壁にかけています。どうしても一度入らないといけないです。

真不同

店内が広くて、顧客いっぱいです。

真不同

時間によると思いますが、このような河南地方劇「豫劇」のショーも見れました。

牡丹燕菜

洛陽水席の看板料理をオーダーしました。「牡丹燕菜」です。

牡丹燕菜

綺麗な形をまずお客様に見せてから、テーブルでお湯を入れてくれます。

剥き蝦スープ

ねぎと剥きえびのスープです。

小酥肉

 結構人気らしい~

蒸し餃子

いろいろ注文しましたが、味には文句なしでした。
洛陽へ来たら、一度食べてみてください。確かに他の地方では味わえない料理作りです。

2月 27 2013

世界遺産・龍門石窟

こんにちはチャイナエイトです。
今日は世界遺産・龍門石窟をお伝えします。

B級グルメのストリート

 許昌市の見学が終わって、河南省旅行の2個目の都市「洛陽」へ移動しました。道順で、先に世界遺産・龍門石窟の見学へ行きました。
しかし、一般の観光地の順番と逆で、入場の先に、駐車場からゲートまで、こんなB級グルメのストリートがあります。

屋台

同じ中国ですが、自分の町で全く見たことのない食べ物たくさんあります。

屋台

屋台お好きな人なら大喜びですね。
一般の観光地では、先に観光が終って、出口の所に、このようなグルメなり土産品なりの通りが出るのですが、このは先に食べてからの見学ですね。

移動屋台

これがあると、後の入場見学では、いくら歩いても元気がありますね。
(確かに、この後は敷地内たくさん歩きました。食べておいてよかったです。)

串焼き

この串焼きが気に入りました。

串焼き

 少し花椒の入った麩焼きです。

龍門石窟 入口

B級グルメの通りを通って、ここから入場しました。

龍門石窟

80元の入場料は決して安いとは言えませんが、2000以上の石窟と10万台以上の仏像で考えると、割安かもしれませんね。

龍門石窟

確かに壮大で限りません。
(ちょうどう春節休みで、現地消防隊も集団で見学に来ていました。徴兵制だから、無料入場できますね。)

龍門石窟

パノラマで撮影するといいですね。

龍門石窟の辺り

渇水期にあるため、水上からの見学船は運行していません。橋で渡って河の向こう側から見ると、規模が分かります。

龍門石窟

西山龍門のみ見ましたが、元気があれば、80元のチケットに含まれている東山龍門や他のスポットもたくさんあります。
感動していました。ぜひオススメです。

1 / 11