Category: 鄭州

3月 23 2013

万歳山廟会

こんにちはチャイナエイトです。

万歳山廟会

春節に開封旅行で立ち寄った所です。
「廟会」が開催されています。

市場

「廟会」とは、お祭りというか、市場ですね。

屋台

大都会で育てた私に対しては、見たこともない物の売り方です。

屋台

食べたこともない食べ物です。

店?

衛生環境も決してよくありませんが、現地の方々が十分楽しんでいます。

露天店

こんな物でも売り物になっているようです。

屋台

そして、このウズラ卵の串焼きは食べたことがないので、美味しそうで、頼んでみました。

ウズラ卵の串焼き

ウマイ~

鄭州に関するお問い合わせ

3月 11 2013

鄭州農家料理

こんにちはチャイナエイトです。

農家レストラン

鄭州郊外の花園口で黄河を見た後、この農家レストランにたまたま入りました。名前も「大黄河」です。
お庭付の広い農家レストランです。

実物メニュー

実物メニュー

メニューはありませんが、すべて実物を見てオーダーするのです。

黄河の魚?

庭についている魚が黄河の上流で取った魚だそうですが、長さが1メートル近くです。本当に黄河にはお魚がいるのでしょうか?!養殖でしょう?

「窩窩頭」(中華まんとう)

主食にはこの「窩窩頭」(中華まんとう)です。

「窩窩頭」(中華まんとう)

黄色いのはトウモロコシで作ったやつで、紫はイモで作ったやつです。
都会人って、たまに食べると美味しく、健康にはよさそうです。

鄭州に関するお問い合わせ

3月 08 2013

鄭州花園口黄河景勝区

こんにちはチャイナエイトです。

花園口黄河風景区

鄭州郊外の「花園口黄河風景区」へ来ました。
中国人は自分のことを「炎黄子孫」、また諺「不到黄河心不死」(訳:黄河に着くまではあきらめない )ということで、どうしても人生一度黄河を見たいです。おそらく日本人が富士山に対する憧れに似ているのでしょうか。でも、中国は広いから、上海から黄河流域まで行く自体も大変なことです。

モーターボート

しかし、渇水期また上流の小浪底ダムの調整により、なかなか水が少ないです。
子供を連れて来ていますので、少し船から黄河の中心に行きたかったので、100元を払ってモーターボートを雇いました。

ボートをやるお兄さん

しかし、水が浅すぎて、なかなか岸から出せません。

ボートに載る観光客

しかも、エンジンから泥が飛んで来ちゃいました。明らかに底にぶつかっています。
いやいや、危なくて、汚くて、もういいです。100元は払います。
10分もない内に、戻ってきました。

泥まみれ

ボートをやるお兄さんも、泥まみれでした。
もう、諺「不到黄河心不死」を変えて、「到了黄河死心了」にします。
このような自然状況では、人間の生活する場所ではありません。

鄭州に関するお問い合わせ

3月 07 2013

鄭州の食事:「阿五美食」

こんにちはチャイナエイトです。

阿五美食

鄭州では有名な飲食系列店ですが、「阿五美食」へ行きました。
 

喰鍋麺

河南省の旅行で気づいたことですが、麺類が主食になっていますが、「ご飯を提供していない」レストランが多いです。南方出身の私に対しては「飯店」には「ご飯」がないとはどういうことでしょうね。
郷に入れば郷に従え。
確かに、この度で見かけた農村地では、田んぼがなくて、畑だけでしたね。
河南省では「烩面」と言います。
これは店の特製「喰鍋麺」です。う~ん、味には上等です。

阿五熬炒鶏

「阿五熬炒鶏」です。
鶏の以外、ビーフンが中心で、醤油味です。
上にはパンが添えていますので、そのソースを付けて食べると美味しいです。

桂花魚肚

「桂花魚肚」という看板料理です。写真には写っていないですが、別途皮がついています。皮に包んで食べます。
一番小さいのは牛肉で、ピーマンの千切りと卵をミックスして包みます。
「桂花」は中国語の金木犀のことですが、黄色い卵の部分を比喩しています。ただし、メニューの写真には随分綺麗に映っているのに、実物のレイアウトは悪かったです。

チャーハン

 このチャーハンですが、なんとか特許専利が獲得されていますよ。名前「阿五炒飯」です。別名は「踊りチャーハン」です。つまり、お米が弾力があって、口にすると、口の中でパリパリするからです。

鄭州に関するお問い合わせ

3月 05 2013

少林武術ショーを観賞

こんにちはチャイナエイトです。
今日は少林武術ショーを見ました。

少林武術ショー

少林寺の100元の入場券の中には含まれていますが、少林武術のショーです。
しかし、入場するには、3回目の入場券確認があります。

少林武術ショー

前回ブログにも書いていますが、手元に入場券がありません。
で、あの業者の人間に電話したら、自分の携帯電話を入場券チェックの人に渡して、現地方言でなんらかの交流で、また無事に入れいました。まさか~

少林武術ショー 童子功

少林武術ショー 童子功

少林武術ショー 童子功

少林武術ショー 童子功

これは「童子功」と呼ばれる柔軟武術です。
かなり小さい頃から練習します。
確かに、少林寺の周りには、数多くの大規模な「武術学校」が見えました。貧しい生活を暮している農村地区から子供を募集して、無料で教育をさせながら少林武術を教わるらしいです。

少林武術ショー 硬気功

これは「硬気功」と言います。
中国古代兵器で喉を刺します。

少林武術ショー

また、一本の針でガラスを通して風船を破ります。

少林武術ショー

ショー自体は素晴らしいです。このお寺で演じる内容は僅か30分です。
冬に来ていますので、本当は一番期待していた夜間ショーの「禅宗少林音楽大典」を見ることができません。それを今度の河南省旅行にします。
この30分のミニ演出の中、15分間は演出で、後15分はいろいろな少林寺DVDの販売説明でした。ちょっと商業化しすぎた気がします。
なので、100点が満点とすれば、80点と致します。
少林寺に関するお問い合わせ

1 / 212