9月 29 2010

アモイメリディアンホテル

こんにちはチャイナエイトです。

今日はアモイ市のリゾートホテル、アモイメリディアンホテルをご紹介します。

アモイメリディアンホテル

アモイメリディアンホテル

撮影日:2010年8月

撮影場所:福建省厦門市 アモイメリディアンホテル

アモイメリディアンホテルは厦門島の仙岳山の頂上にある、緑豊かなリゾートホテルです。

アモイ市を一望できる景色と、緑豊かな環境が自慢のホテルで、

ビジネス施設やレジャー施設も充実しています。

概観

概観

リゾートムード満点の概観。

フロント

フロント

フロントは天井が高く非常に開放的。

この辺がシティホテルと大きく違うところ。

こだま??

こだま??

っと、、、こだま??いえ、メリディアンさんです。

ホテルのスタッフの方から丁寧に「こちらはメリディアンさんです」と紹介されてしまいました。

オーナー?結局だれだかわからず挨拶しました。「おじゃまします」

ダブルベッドルーム

ダブルベッドルーム

客室はベッドが大きいせいかちょっと狭く感じる。

内装の色も影響しているのかも。

かなりおしゃれに作りこんである感じでしたが、

ちょっとスタイリッシュすぎて私には合わないかも・・・

部屋からの眺め

部屋からの眺め

山(丘?)の頂上付近に作られたホテルなのが分かります。

もっといい客室からはアモイ市を見下ろすことが出来るそうです。

バスルーム

バスルーム

他には無いなんとも独特な感じがします。

アメニティー

アメニティー

アメニティグッズ。

バスタブ

バスタブ

宇宙船の船内のようなシステムちっくな浴槽とシャワー。

なんだろうこの違和感・・・決して悪いホテルではないけど、

この感覚、田舎者の私にはなじみのない雰囲気・・・

ジム

ジム

フィットネスジムに、

室内プール

室内プール

室内プールに、

テニスコート

テニスコート

テニスコートまで無料で利用できちゃいます。

レストラン

レストラン

1階ロビー脇にあるレストランで朝食を頂きます。

こだまメリディアンさんはあっちこっちにいます。

店内

店内

さすがメリディアンおしゃれです。

パスタ

パスタ

あ~もぅ~このおしゃれさん!

サラダバー

サラダバー

サラダバー。食器もかわいい。

朝食に用意されている6種類の目覚ましフレッシュジュースがおすすめだそうです。

台湾人シェフが作るフランス式料理がメインです。

ロビーバー

ロビーバー

ロビーバーは中庭の木漏れ日が気持ちいい。

見渡しのいい場所

見渡しのいい場所

ホテルの端っこにとっても見渡しのいい場所を発見!

夜はもっときれいなんだろうな~。

とーてもおしゃれさんな、メリディアンホテル。

しらべたら、スターウッドグループなんですね。

中国だからと気を抜かず、ばっちりおしゃれして泊まってほしいホテルでした。

アモイメリディアンホテルへのお問合せ

9月 28 2010

日中関係実際のところ・・・

こんにちはチャイナエイトです。

今日は連日メディアで放送されている日中関係の実際のところを探ってみました。

当サイトのパートナーや中国で暮らす日本人の方に、

「日中関係が悪化しているようですが、現地の状況はどうですか?」

と質問してみました。

【回答】

◎北京の場合

一般市民はそれほど感情的になっていません。しかし実際にデモも発生しているので、

駐在員などは外出を控えているようです。

◎上海の場合

会社に大きな損害が出ました・・・もういい加減にしてほしい・・・(涙)

◎四川の場合

まったく影響はないですよ。今は九寨溝のシーズンなので日本人観光客の対応で忙しくそれどころではないです。

◎桂林の場合

え?反日?誰かそんなこと言ってました?

◎雲南の場合

日本人烈々歓迎!

◎海南島の場合

いつもと変わらずのんびりした南の島ですよ。

◎台湾の場合

話題にはあがるけど、みんな第三者的目線で冷静に話してます。ニュースも中立的に報道している。円高の影響か、日本人は増えているようにも感じる。

と、いろいろな意見を頂きました。

やっぱり首都である北京では若干緊張した雰囲気になっているよう。

日系企業の多い上海を初めとする南方地方では、政府や領土の問題よりもビジネスが大切そう。

その他の地方では、拍子抜けするほど普段と変わらない様子。むしろウェルカム。

よって9月28日現在、旅行客への影響はほぼ無いと言ってもいいでしょう。

メディアではかなり過激に報道されていますが、中国人も冷静な対応を願っています。

9月 27 2010

厦門日月谷温泉ホテル

こんにちはチャイナエイトです。

今日は厦門市の郊外にある温泉リゾートホテル、日月谷温泉ホテルをご紹介します。

厦門日月谷温泉ホテル

厦門日月谷温泉ホテル

撮影日:2010年8月

撮影場所:厦門市郊外日月谷温泉ホテル

日月谷温泉ホテルはアモイ島から車で約30分の中国本土にあるホテルです。

ホテルのメインは400年から湧き出ていると言う温泉を利用した温泉施設。

ホテルとは道路を1本挟んで向かい側にあります。

まずは、ホテルから。

ロビー

ロビー

ホテルは東南アジア風の作り。

心地よい音楽が流れてシティホテルとはまた違ったよさがあります。

客室は100ちょっとしかないので、非常にゆったりとできます。

フロント

フロント

南国のリゾート地に来たみたい。

スタンダードルーム

スタンダードルーム

スタンダードのツインタイプの部屋です。

都心では考えられない広さが自慢です。

ベッドのサイズも1.5m×2.0mと超巨大。

ツインルームでも小さい子供なら余裕で添い寝できます。

アメニティ

アメニティ

客室設備も5つ星。まったく問題ないです。

洗面台

洗面台

客室にも温泉

客室にも温泉

客室のお風呂にも天然温泉が通っています。

深い浴槽は日本人好み。

西洋レストラン

西洋レストラン

朝食を頂くレストラン。

客室数が少ないので非常にゆったり。

中華レストラン

中華レストラン

中華レストランはバンケットルームを利用します。

ホテルエリアにあるプール

ホテルエリアにあるプール

ホテルの敷地はとても広く、ホテルエリアにも大きなプールがあります。

では、温泉を見てみましょう。

電動自動車

電動自動車

ホテルと温泉へはこの自動車で送迎してくれます。

温泉施設はホテルの目の前にあるのですが、

1本幹線道路を挟んでいるため、ちょっと遠回りし無ければなりません。

約5分位かかります。

歩道橋もあって、歩いても5分位です。

温泉マップ

温泉マップ

予めどんな構造になっているか少し確認していかないと、

迷子になってしまうぐらい広いです。

(地図の奥に見えるのはホテルです)

受付

受付

受付で鍵を受け取ります。

トイレや更衣室も5つ星ホテル級の使いやすさ。

温泉は全て水着着用です。

水着の種類は特に制限はないとのことでしたが、

特殊な水着の場合は出発前に一度確認して下さい。

石碑

石碑

400年前から湧き出てますよって書いてる石碑。

かなり歴史のある場所だそうです。

源泉

源泉

せっかくなので源泉を見せてもらいました。

温度は82度。無臭です。

南国ムード満点

南国ムード満点

南国ムード満点の中、温泉を見ていきましょう。

小魚温泉

小魚温泉

小魚温泉、ドクターフィッシュ、フィッシュテラピーなどと呼ばれる、

小魚と一緒に入るお風呂です。

コイ科のガラ・ルファという温水でも平気な魚と一緒に入ると、

肌の古くなった角質をついばんでくれます。

始めはくすぐったいですがなれるとかなり気持ちいい。

ですが、、、残念ながらここだけは別料金がかかります。

打たせ湯

打たせ湯

打たせ湯。

酒風呂

酒風呂

酒風呂はワイン、白酒など何種類かありました。

良く温まって冷え性などにいいそうです。

お茶風呂

お茶風呂

お茶風呂は香りが良くリラックス効果抜群です。

肌にもいいそうです。

スパ風呂

スパ風呂

打たせ湯やジャグジーが気持ちいい。

これは池

これは池

急に池も出てきます。

昼間は大丈夫ですが、夜は気をつけてください。

プール

プール

常温のプールです。

もう何時間でも居られそうですね。

沙風呂

沙風呂

まだまだある、沙風呂に、

岩盤浴

岩盤浴

岩盤浴。

一体どれだけ種類があるかと聞いたら40種類以上あるそうです。

水着のまま利用できるレストランやドリンクバーなどもあって非常に充実できます。

温泉施設は宿泊客以外でも利用可能です。

シーズンオフ(夏場)は貸切状態!

アモイの冬は寒いときで10度位まで下がるので、

冬にアモイを訪れる方は候補に入れてはいかがでしょうか。

日月谷温泉ホテルへのお問合せ

日月谷温泉ホテルの詳細情報

9月 26 2010

アモイシェラトンホテル

こんにちはチャイナエイトです。

今日はアモイ市のシェラトンホテルをご紹介します。

シェラトンアモイホテル

シェラトンアモイホテル

撮影日:2010年8月

撮影場所:福建省厦門市シェラトンアモイホテル

シェラトンアモイホテルはアモイ島のほぼ中央に位置し、空港から約10分、繁華街へも約10分。

ビジネス街の一角にあります。

スターウッドグループの代表格のシェラトンブランドはアモイのシェラトンでも健在。

豪華な客室と品質の高いサービスが自慢のホテルです。

金色の概観

金色の概観

一面金色の概観。タクシーで金色のホテルと伝えればここに着くほど

厦門市では有名。

おしゃれな客室

おしゃれな客室

シェラトンアモイの客室はとってもおしゃれ。

しかも高級感があってビジネス、カップル、ファミリーとどのスタイルにも合います。

ティーセット

ティーセット

客室設備はとても充実。

スターウッドグループの品質の高いものが用意されています。

ミニバー

ミニバー

ミニバーには日本人客用のアサヒビールが置いてありました。

ツインベッド

ツインベッド

客室の広さとベッドの大きさはアモイ市のホテルでも最大級。

一番ランクの低い部屋でも40㎡あります。

セイフティーボックスに電源

セイフティーボックスに電源

セイフティーボックスにコンセントがついています。

携帯電話やノートパソコンなども充電しながら保管できます。

広々クローゼット

広々クローゼット

クローゼットも広々して使いやすい。

バスルーム

バスルーム

やわらかいライトが心地よいバスルーム。

アメニティーグッズ

アメニティーグッズ

アメニティも充実。

バスタブ

バスタブ

バスタブは少々小さめ。

でもシャワーと一緒になっているのは日本人にとってはうれしい。

キングサイズベッド

キングサイズベッド

ダブルの部屋は2.0m×2.0mのキングサイズ。

落ち着く明かり

落ち着く明かり

暖かい照明と広々とした客室が特徴。

朝食

朝食

朝食のレストランは2階。エントランスの上に位置して開放的。

バイキングスタイル

バイキングスタイル

朝食はバイキングスタイル。

和食も

和食も

巻き寿司やお味噌汁も。

無料インターネットブース

無料インターネットブース

客室のインターネットは有料ですが、

1階に無料で使えるパソコンが4台設置されています。

シェラトンホテルはアモイ市の中では料金の高いホテルになりますが、

それでも1泊11,000円程度、1人5,500円で宿泊できます。

やっぱり中国は安いですね~。

贅沢をするなら円高の今がチャンスです。

シェラトンアモイホテルのお問い合わせ

シェラトンアモイホテルの料金

9月 26 2010

厦門悦華酒店

こんにちはチャイナエイトです。

今日は厦門市の五つ星ホテル厦門悦華酒店をご紹介します。

厦門悦華酒店

厦門悦華酒店

撮影時期:2010年8月

撮影場所:厦門島厦門悦華ホテル

厦門悦華酒店はアモイ島の繁華街から少し離れた静かな場所にあります。

空港からは車で約15分。コロンス島の埠頭へは約10分。

英語読みでマンダリンホテルと呼ばれることもあります。

このホテルはアモイ市が経済特区になった当初に、本格的な外国人の受け入れホテルとして、

政府の指導の下に作られたホテルらしく、非常に豪華なホテルです。

豪華というより、完全な民営のホテルではやっていけないような、無駄が多いホテルです。

しかし料金はそれほど高くないので、低料金で政府高官が利用するような高級感が味わえるのが魅力です。

主楼の客室

主楼の客室

この客室は主楼のスタンダードルーム。

とにかくこのホテルは広く、敷地内に客室を持つ建物が幾つも点在しています。

主に日本の旅行客が使うのが主楼と天豊楼の客室だそうです。

客室設備

客室設備

客室の設備に関してはまったく問題のない5つ星ホテルの設備です。

シャワー

シャワー

バスルームは改装したてでとても綺麗です。

バスタブ

バスタブ

バスタブももちろん付いています。

電動自動車

電動自動車

 それでは、もう一つの客室天豊楼へ移動します。

ホテルの敷地は広いので電動自動車で移動します。

天豊楼

天豊楼

こちらが天豊楼。建物は若干古め。

客室

客室

客室は主楼より若干広めですが、家具は若干古いです。

バスルーム

バスルーム

バスルームは断然主楼の方が綺麗です。

日本料理の大阪亭

日本料理の大阪亭

昨日ご紹介した大阪亭はこの建物にあります。

ジム

ジム

ジムは無料で、天豊楼からアクセスできます。

室内プール

室内プール

年中使える室内プールも無料です。

温水やジャグジーなどもあります。

この辺はかなりリッチです。

通路

通路

朝食は各建物にて食べられますが、種類や量は主楼が一番良く、

天豊楼に宿泊した場合も主楼のレストランを利用できます。

天豊楼から主楼へは歩いて10分弱。通路も完備しています。

バイキングレストラン

バイキングレストラン

朝食はバイキングスタイル。外国人向けのホテルだけあって洋食は豊富。

公園

公園

このホテルの一番すごいところは敷地内に巨大な公園があること。

フラワーロードやランニングコースなどもあって、

朝夕の散歩にはぴったり。

お花

お花

池

料金を確認してびっくり!

このホテル一部屋8000円程度です。一人4000円!

この規模でこの料金はかなり安いのではないでしょうか。

繁華街へのアクセスは少々不便ですが、アモイ滞在の有力候補間違いなしです。

厦門悦華酒店(アモイマンダリンホテル)へのお問い合わせ

厦門悦華酒店(アモイマンダリンホテル)の詳細

1 / 41234