12月 20 2010

昆明翠湖公園

こんにちはチャイナエイトです。

今日は昆明市民の憩いの場翠湖公園をご紹介します。

翠湖公園

翠湖公園

撮影日:2010年10月

撮影場所:昆明市翠湖公園

翠湖公園は昆明市のほぼ中心に位置する湖の周りに作られた公園です。

10月から2月ごろには沢山のユリカモメが越冬の為ここへ渡って来るのが有名です。

ユリカモメ

ユリカモメ

このころは10月の終わりでしたが、大量のカモメが発生してました。

一斉に飛び立つ姿には圧巻。

めったに湖の外へは飛んで来ないのでフンの心配はなかったです。

緑豊かな公園

緑豊かな公園

春には花々が咲き乱れ秋は紅葉が美しい、四季を感じられる公園です。

紅葉

紅葉

公園内はゆっくり回っても1時間あれば全部回れます。

紅葉

紅葉

公園の歴史は古く、1200年ごろから歴史書に登場するそうです。

昔から市民に愛されてきた公園なんですね。

お土産屋

お土産屋

お土産屋さんや喫茶店なんかもあります。

健康体操

健康体操

中国の公園ではおなじみのおばちゃんたちの体操。

恋人

恋人

恋人達は絵になります。

観光地としてプランに設定するほどの場所ではなかったですが、

開いた時間にぶらぶらするにはちょうどいい場所です。

翠湖公園の周辺のホテルに泊まれば歩いていけます。

翠湖公園に関するお問合せ

翠湖公園のツアー

12月 16 2010

九郷

こんにちはチャイナエイトです。

今日は昆明の隠れた観光スポット「九郷」をご紹介します。

九郷

九郷

撮影日:2010年10月

撮影場所:雲南省昆明九郷風景区

九郷は昆明市から車で約2時間、世界遺産の石林から車で約30分の場所に

ある鍾乳洞がメインの観光スポットです。

世界遺産の石林の影に隠れてなかなか紹介されない場所ですが、

観光開発が始まったのは1995年と以外に古く、中国の観光地重要度を示す指標で

AAAA(4A)を取得したかなり見ごたえのあるスポットです。

入り口

入り口

入り口です。石林を見てから来たせいか、この閑散とした感じが気楽でいいです。

エレベーターで急降下

エレベーターで急降下

入場するとすぐにエレベータがあり、

そこから一気に崖の下に移動します。

川下り

川下り

なんだかよく分からないうちにボートに乗ることに。

ここの基礎知識がないのでどうなるかわくわくです。

10人乗りのボートに乗り込み、自分達で漕いで進みます。

ガイドさんもあまり来たことがないらしく、

これからどうなるのか良く分からない様子。

絶壁

絶壁

絶壁の大自然に圧倒されながら進むこと10分。

行き止まり・・・

えっ、折り返し?

どうやらちょっとしたアクティビティ的なもので、

大自然をボートに乗って楽しもう!的な、

特にこれで洞窟に侵入するのでもなく、

引き返します。。。

鍾乳洞入り口

鍾乳洞入り口

ボートを降りたあと、鍾乳洞へ向かいます。

そう!これこれ!すでにかなりの迫力です。

さっきの要るかな?

大ホール

大ホール

鍾乳洞入り口の大ホール。

お土産屋さんがあるのが残念でしたが、かなり壮大な空間です。

目のない魚

目のない魚

お土産屋さんの脇においてあった水槽を何気に見ると、

光の当たらない地下に住む目のない魚が展示してありました。

これって結構水族館並みの代物だと思う。

超でかい

超でかい

いまいち写真が悪くて伝わりませんが、チョー広いです。

鍾乳石

鍾乳石

見所は大体4箇所、先ほどの大ホールから始まり、

鍾乳石、地下深くにある鍾乳石、棚田状の鍾乳石、

最後に天井から連なるもうひとつの石林と言われる鍾乳石。

この鍾乳石は形がよく、高さもあり、密集していて、

非常に見ごたえがありました。

なんでも6500万年前から作られてきたそうです。

数字を聞いてもピンとこないですが、見ると実感できます。

近くで記念撮影

近くで記念撮影

鍾乳洞を取り囲むように通路が通っていて、かなり近くで見ることが出来ます。

なんだかいろいろ、この岩は何に見えるとか、この岩にはこんな伝説があるとか、

ここの専属ガイドさんが一生懸命説明してくれましたが、

もう石林でおなかいっぱいなので、スルーさせてもらいます!ごめん!

自動フィルター

自動フィルター

地熱のせいか、鍾乳洞の中は非常に暖かく、

レンズがすぐに曇ってしまいます。

通路

通路

こんな感じで立体的な通路でつながっています。

あれっデジャブ(石林・・・)

担ぎ椅子

担ぎ椅子

一旦外に出て次のスポットへ向かいます。

お年寄りの方や体の不自由な方の為のこんなサービスもあります。

トータルリコール

トータルリコール

どんどん地下へ降りていくととんでもない秘密基地が出現!

まるで映画「トータルリコール」に出てきそうな地下要塞です。

ここが一番感激

ここが一番感激

個人的にここが一番感激しました。男のロマンを感じます!

棚田状の鍾乳石

棚田状の鍾乳石

秘密基地を抜けると第三のスポット四川の黄龍を彷彿とさせる(大げさ)

棚田状の鍾乳石が見えてきます。

もうひとつの石林

もうひとつの石林

そしてその先にあるのがもうひとつの石林と言われる

天井から伸びた無数の鍾乳石。

これが自然に出来たんだからすごい!

ここから地下の薄い空気のなか300段近い階段を登って

地上にでます。あぁ、このときさっきの椅子の人が役に立つんですね。

帰りはリフト

帰りはリフト

帰りはリフトでビュッと帰ります。

リフトからの景色

リフトからの景色

 リフトからの景色もなかなかです。

ここで終了です。

確かに見ごたえのあるスポットです。

ただ・・・

この照明のセンスの無さ・・・

桂林の鍾乳洞もこんな感じですね。

もう少し考えてほしい。そうすればもっと魅力的に見えるはず!

どうやら日本ではパワースポットブームの次にくるのが

鍾乳洞ブームらしい(?)ので、

チェックしておいてはいかがでしょうか。

九郷鍾乳洞に関してのお問合せ

九郷鍾乳洞のツアー

12月 09 2010

石林 ~Part2~

こんにちはチャイナエイトです。

今日は石林の続きです。

孫悟空が捕まっていた穴

孫悟空が捕まっていた穴

中国の有名な西遊記のドラマがこの地で撮影されたことから、

この穴を孫悟空が捕まっていた場所として紹介しています。

ドラマで本当にそのような演出があったのかも知れません。

ゾウさん

ゾウさん

さて、岩の上にいるのはなんでしょう?

写真にゾウさんって書いちゃってますね。。

そうです、ゾウに見えるゾウ石です。

ではこれはなんでしょう?

ではこれはなんでしょう?

では、これはなんでしょう?

これはネズミさんです。

この他、ラクダさんやカメさん、ワニさんなど見ようによっちゃそう見える石が沢山あります。

音のする石

音のする石

動物シリーズの他にも、叩くととぱぁ~んと音のする石もありました。

最初は叩いている音しか聞こえないですが、

コツをつかむと、石が空洞なのか、周りの石に反射しているのか、

ぱぁ~んと高い音が聞こえます。

展望台

展望台

大石林のクライマックスは石林を一望できる展望台。

天気は悪かったですが、それでもかなり見ごたえのある景色です。

撮影ポイント

撮影ポイント

記念写真は、一段下がった場所を、展望台から撮ってもらうと、

石林の幻想的な感じが良く出ます。

公園

公園

せっかくなので小石林も見たいと思い徒歩で向かいます。

小石林

小石林

大体10分くらいで、小石林へ到着します。

芝生が引き詰められていて綺麗な公園になっています。

ぱっと見て大石林とさほど変わらないだろうと思い中には入りませんでした。

屋台

屋台

帰りに来る時すっごく気になったおばあちゃんの店に立ち寄りました。

どれもおいしそうでしたが、焼きじゃがと、湯でとうもろこしを買うことに。

焼きじゃが

焼きじゃが

これがチョーうまいのなんのって。

おばあちゃんの横で食べてたら、旦那さんのようなおじいちゃんが、

「どうだ、うまいだろう。俺が今朝採ってきたんだ」と、

自慢げに話しかけてきました。

「うまいっす、マジうまいっす」

ゆでとうもろこし

ゆでとうもろこし

とうもろこしも甘いのなんのって。

もし屋台を見つけたら絶対におすすめです。

ということで、世界遺産よりもジャガイモとトウモロコシがおすすめの石林でした。

世界遺産石林のお問い合わせ

世界遺産石林のツアー

12月 07 2010

石林 ~Part1~

こんにちはチャイナエイトです。

今日は昆明にある世界遺産「石林」をご紹介します。

石林

石林

撮影日:2010年10月

撮影場所:雲南省石林イ族自治県

石林は昆明市内から車で約1時間半ほどの場所にある、

中国南方カルストとしてユネスコ世界遺産に登録された観光地です。

石林はその名の通り、30m以上の高さがある切り立った岩が、

林のように連なっている場所で、中国では天下第一奇観と言われています。

電動自動車

電動自動車

敷地はとても広く、大石林、小石林、新石林、石林奇風洞などのエリアから

出来ていて、全部くまなく見るにはまる1日はかかります。

駆け足のツアーなどでは、写真の電動自動車的なもので、

さくさくとポイントだけを回ることもできます。

焼き芋

焼き芋

世界遺産の観光地だからもっと観光地化されていると思ったら、

入り口周辺はこんな感じの屋台や果物やが軒を並べていました。

いい香りでチョーおいしそう。

ガイドさん

ガイドさん

チケット売り場の付近には民族衣装を着たガイドさんがたむろしてます。

日本語ガイドがいても、一緒に写真も取れるし、雰囲気でるので、

ガイドさんと一緒に回るのもいいかもしれません。

世界遺産

世界遺産

入場するとすぐにこのような大きな岩が目に入ります。

ちゃんと世界遺産って書いてありますね。

地図でチェック

地図でチェック

出発前にちゃんと地図で確認。

先ほどいくつかのエリアに分かれていると言いましたが、

普通は大石林だけを観光するパターンがほとんどだそうで、

時間があったら、その隣にある小石林もちょっと立ち寄るそうです。

屏風

屏風

15分ほど歩くと大石林に到着します。

まず見えてきたのがこの屏風石。

そのあまりの大きさにテンションがあがります。

パシャパシャ写真をしつこく撮っていたらガイドさんに、

まだまだこんなもんじゃないですよっ、急がないと全部見終わんないから

そろそろ行きましょうと言われ、さらに期待が高まりました。

石の壁

石の壁

ガイドさんは普通に進んで行きますが、

ちょっとこの絶壁は尋常じゃないです。

イ族の踊り

イ族の踊り

少し開けた場所でイ族の人たちが踊りを踊っていました。

イ族の女性

イ族の女性

イ族ってあまり特徴のない少数民族ですが、雲南省で人口の一番多い少数民族だそうです。

石林

石林

またまたガイドさんに、早く早くこっちこっちとせかされて行ってみると、

出ました、「林石」。ガイドブックによく載っている場所です。

ここからが本当のスタート地点。

民族衣装で記念撮影

民族衣装で記念撮影

民族衣装を着て記念撮影も出来るようです。

10元って言ってました。こういう場所にしては結構安い。

恐怖石

恐怖石

みんな立ち止まって眺めていましたが、いつ落ちてくるか分かりません。。

地震で崩壊

地震で崩壊

この岩は数年前地震で崩れたそうです。

こんなところで地震がおきたら一巻の終わり。。

刀山火海

刀山火海

まるで刀を立てたように鋭くとがった岩は「刀山火海」と呼ばれています。

困難な危険な場所という意味があるそうです。

石のカーテン

石のカーテン

よく見ると滑らかな曲線もあって石のカーテンのようにも見えます。

石森

石森

さらに進むともはや「石林」ではなく「石森」です。

体重制限あるかも?

体重制限あるかも?

360度大きな岩に囲まれながらその隙間を縫うように進んで行きます。

コケ

コケ

ずっと灰色の世界が続きますが、足元を見ると植物の緑も。

づづく・・・

石林に関するお問い合わせ

石林のツアー

12月 03 2010

中国でお正月

こんにちはチャイナエイトです。

年末年始の海外旅行と言ったら暖かい南の島というイメージですが、

悠久の地中国で新年を迎えるのも乙なものです。

万里の長城

万里の長城

今中国に滞在の日本人に人気なのが、新年御来光鑑賞ツアー。

観光名所で普段は営業していない早朝の時間帯を特別に開放して、

初日の出を楽しむものです。

特に人気なのが世界遺産「万里の長城」から見る初日の出。

さらに、上海在住の方に人気なのが展望台の高さで世界一を誇る、

上海ワールドフィナンシャルセンタービルから見る初日の出。

どちらも入場制限があり、旅行会社を通さないと参加できないほどの人気です。

上海ワールドフィナンシャルセンタービル

上海ワールドフィナンシャルセンタービル

新しい年のスタートに中国の初日の出はいかがでしょうか?

北京万里の長城初日の出鑑賞ツアー

上海100階展望台から望む初日の出ツアー

1 / 11