4月 26 2013

上海の病院で

こんにちはチャイナエイトです。

医者さんの所

 私用があって、病院へ行ってきました。
 今回は非常に有名な骨折科の先生を指定しましたが、中国では「専門家特別診断」という予約制度があります。
 ところで、予約制と言っても、実際に医者さんの所へ行ったら、こんなに囲まれています!
 本当は皆さんが番号を持っているのですが、順番で初回の診断後、診査を受けたり、支払いに行ったり、薬をもらったりしてから、また医者さんのところに戻るので、その時は順番なしです。
 い~や、この状態で病気を見てもらうと、さらに病気が悪化してしまうような気がします。
 だから、私が絶対に病院に行きたくない性格ですね。

上海に関するお問い合わせ

4月 25 2013

最近の華西村

こんにちはチャイナエイトです。

五つ星のホテル

 中国有名な億万長者の村「華西村」へ来ました。
 この「社会主義新農村の模範」として中国では非常に有名な村ですが、少し前にリーダーだった書記の呉さんが亡くなられています。大人物がなくなったので、村では記念の挽聯などが見れると思ったのですが、そんなになかったです。
 この農村地の村が作った五つ星のホテルは、「1トン純金の牛」で話題を集めていました。

華西村

 またミニワールドのように「世界の村」を作っています。凱旋門や万里の長城などなども話題性が高いです。
 この天安門はなんと山に作っています。

無錫市に関するお問い合わせ

4月 24 2013

鎮江市 金山寺

 こんにちはチャイナエイトです。

金山寺

 江蘇省の鎮江市へ来ました。というか、ツアーのアテンドで来ました。
ここ一番有名な観光素材はこの「金山寺」です。
 本来は揚子江の中の島ですが、だんだん南岸の鎮江と陸路がつながり、中国では大変有名、かつ伝説の多いお寺です。

鎮江市に関するお問い合わせ

新幹線で行く 鎮江・揚州1泊2日のツアー

4月 19 2013

上海浦東地区にある水郷古鎮:召稼楼

こんにちはチャイナエイトです。

召稼楼古鎮

週末に行って来た上海の「新しい古鎮」です。名前は「召稼楼」と言います。

新しい古鎮

ちょっと矛盾な言葉ですが、「古鎮」自体は歴史の長い古い町を意味しますが、「新しい古鎮」とは何でしょうか。

太鼓橋

この上海浦東地区にある召稼楼古鎮は、昔からあったものの、すでに取り忘れてしまい、最近に整備して来て観光できるようになった場所です。
確かに、太鼓橋や民家を含めて、かなり新しく見えます。

入場券

昔あったのかもしれませんが、今見せているのはすべて新しい物です。

手漕ぎ遊覧船

どこの江南古鎮でも不可欠な手漕ぎ遊覧船は風景の代表です。

水路

この古鎮の中にある水路も迷路みたいですが、趣があります。

観光客

しかし、この都会に存在している「新しい古鎮」は、都会までの距離が短くて、週末や休みになると、人ゴチャゴチャです。

土産物

土産物ですが、「総合派」です。
朱家角のチマキ
烏鎮の地酒
西塘の臭豆腐
周庄の豚足
千灯の古代衣装撮影
・・・

召稼楼古鎮

各水郷古鎮の得意作を集めた場所と言えます。
では、ここ「召稼楼古鎮」一箇所言ったら、全部の古鎮へ行ったというお得な場所でしょうかね。

召稼楼古鎮に関するお問い合わせ

上海専属日本語ガイドチャーター

4月 18 2013

揚州大明寺と天下第五泉

こんにちはチャイナエイトです。

天下第五泉

「天下第五泉」へ来ました。
どこに来たかとご存知ですか。

揚州市の大明寺

はい、ここです、江蘇省揚州市の大明寺です。

大明寺

おまけに、「天下第×泉」シリーズの情報を紹介します。
「天下第一泉」:山東省済南市の「●突泉」(注;●は足偏に「勺」)
(その他、「天下第一泉」と称する場所がたくさんあります。江蘇省鎮江市「中冷泉」、北京の「玉泉」、江西省廬山の「谷簾泉」、四川省峨眉山の「玉液泉」などなど)
「天下第二泉」:江蘇省無錫市の錫恵公園内の「恵泉」
「天下第三泉」:湖北省希水県「希水名泉」(江蘇省蘇州市の虎丘にも「第三泉」がある、杭州虎●泉も称されている)(注:●は足偏に包)
「天下第四泉」:江西省「陸羽泉」(その他もある)

古刹

この揚州の大明寺は1500年前からある古刹です。「第五泉」はお寺にある庭園「西園」の中にあります。

鑑真記念堂

この大明寺と言えば、鑑真和尚のゆかりの寺です。かつて住持として勤めていました。今は鑑真記念堂という、奈良の唐招提寺の建築模様を模倣した建物があります。

揚州に関するお問い合わせ

1 / 3123