7月 29 2013

ブドウ狩り@上海市・嘉定区

こんにちは!チャイナエイトです。

葡萄の産地

葡萄の季節が来ました。
上海の嘉定区の馬陸という所が、葡萄の産地として知られています。毎年季節になると、青浦区でイチゴ狩り、陽澄湖で上海蟹食べなどと同じ定番な郊外遠足に出かけました。
「馬陸葡萄」は上海人に対する大変知名度の高いブランドで、糖分が高いと知られています。

葡萄畑

都会の近郊ですので、大きなテーマパークも作っていますが、農薬を使用しない葡萄や、オーガニック葡萄などが高額で売られています。
我々はそんな高額で入場料の施設にはいかずに、道端で至る所にある客引きの農民と交渉して一つの農園に入りました。
なんと葡萄畑の中、鶏や家鴨も飼っていますね。飼料で育てた家畜より美味しいという認識で、葡萄より高額で購入しました。現場で首を絞って、解体してもらいましたが、なんと胃袋にも葡萄がたくさん入っていますね。「葡萄鶏」と言っても過言ではありません。

葡萄畑

残念なことに、馬陸という上海郊外の町ですが、すでに原住民は葡萄の栽培をほとんどやめて、土地だけよそから来た農民に貸しています。「馬陸葡萄」というものの、「馬陸人が作った葡萄」とは違いますね。

上海に関するお問い合わせ

7月 23 2013

草スキー@崇明島

こんにちは、チャイナエイトです。

 崇明島へのツアーへアテンドして来ました。

上海長江隧橋

 崇明島は、上海市の下にある「中国三番目の大きい島」です。面積が1200平方キロあります。
 崇明島は長い間、揚子江を渡るフェリーしかなかった不便な所でしたが、2009年にこの大橋ができました、都会化が進んでおります。

上海長江隧橋

  正式名称が「上海長江隧橋」と言います。
 上海からですと、まず全長9kmの「長江隧道」(トンネル)を潜って、「長興島」へ行き渡ります。その後に、全長16kmの「長江大橋」から崇明島に上陸します。
 トンネルと大橋の長さだけでは、揚子江(長江)の入江の幅が分かるのでしょう。
 しかも、さらにこの崇明島の裏側には、江蘇省の啓東市と繋がる「崇啓大橋」も2011年に開通しましたので、崇明島が完全に陸地とつながりました。
 今回のツアーって、崇明島の「東平森林公園」へ行きます。

東平森林公園

 上海都心部から脱出して、2時間の移動でこんなに空気の綺麗な所で来ると、楽しいですね。

東平森林公園

 この森林公園の総面積が3.55平方キロもあって、人口森林ですが、最も多いのは、この杉の木がずらりと並んでいます。気持ちいいですね。

貸切電動カート

 広いので、徒歩はなかなか大変です。園内には、レンタルサイクルもあれば、貸切電動カートもあります。

循環バス

 うちは団体旅行ですので、連結型の循環バスを利用します。一人10元で、30分に1本あるそうです。

森林滑草

 森林公園の楽しみ方は、キャンプや凧揚げ、BBQなどがありますが、施設としては、この「森林滑草」と呼ばれる草スキーが独特です。

機材

 機材がこんな感じです。スキーと似ていますね。

森林滑草体験

 50元で30分体験できますが、うちのお客様もいろいろ楽しめましたね。

森林滑草体験

 ところで、雪のスキーと同じく、体力がかかりました(笑)。

上海に関するお問い合わせ

7月 19 2013

高速鉄道のレスキュー

こんにちは、チャイナエイトです。

中国高速鉄道の「救急車」

最近に開催した上海鉄道展示会では、新規発表された中国高速鉄道の「救急車」です。
 最高時速160kmの達している高速鉄道のレスキュー車両です。
 まあ、中国だから、絶対に必要ですね。
 しかし、今までまったく整備がなかったということですか。
 これから全国では最小200台は整備する必要があるとのことです。

1 / 11