9月 23 2013

台児庄の夜景

こんにちは!チャイナエイトです。

台児庄

中秋節の3連休に、山東省最南部の台児庄へ来ました。ここに来るのは、夜景とお月見のためです。

再現した町

この台児庄という場所ですが、日中戦争の時、激しい戦いがあったので、町は基本何も歴史的な物はありません。
現在見えているのは、すべて再現した町です。

台児庄の夜景

町の観光産業を発展するには、大きなお城を作りましたが、夜景はものすごく綺麗です。

アトラクション

そして、中秋節限定のこのアトラクションを存分楽しめました。ほら、城壁の上に、大きな月様がありますよ。

中国伝説にある月に生活している仙女の嫦娥

しかも、その月様に、中国伝説にある月に生活している仙女の嫦娥も美しく踊ってくれていますよ!

本当の月様と人工の月様の集合写真

最後に、おまけに、本当の月様と人工の月様の集合写真です。
台児庄の夜景、如何でしょうか。

台児庄に関するお問い合わせ

9月 11 2013

中華人民共和国『旅游法』

こんにちは!チャイナエイトです。

「旅遊法」

今年中国旅行業界最大の話題は「旅遊法」の施行です。
法改正によって、旅行産業の形態は根本的に変化される見込みです。一番大きい変化は、中国国内で強く批判されている「ショッピングの案内」や「強引なオプショナルツアーの販売」は禁止されることになりました。
現状、中国での旅行(特に団体募集ツアー)では、完全に価格競争になっているため、旅行社でツアー設定をする際に、ギリギリまで基本ツアー料金を抑えることが求められています。
出発後はコミッション収入を当てにした契約先ショッピング店への強引な斡旋や、現地オプショナルツアー販売を強制的に販売しているのが実情です。
法改正後は、すべて変わります。
10月以降の定番ツアー料金はこのようになります。
日本:5000元→6000元
韓国:3000元→6000元
東南アジア:3000元→5000元
台湾・香港:2000元→5000元
欧州:15000元→25000元
アメリカ:20000元→30000元
中国国内の旅行業界では、法律の改正によって旅行マーケットの規律整備を実施することになりますが、国からの押し付けでどこまで成果が出るのか、じっくり市場の反応を見ている状況です。

9月 07 2013

広州タワーの夜景

こんにちは!チャイナエイトです。

広州塔

広州のランドマークでもある「広州塔」の夜景を見ました。スカイツリーに似ていません?
標高600mの広州塔は中国最高のテレビ塔で、スカイツリーの次に世界2番目です。

広東省に関するお問い合わせ

9月 05 2013

2013年中国(広東)旅遊産業博覧会(CITE)

こんにちは!チャイナエイトです。

中国(広東)旅遊産業博覧会

2013年中国(広東)旅遊産業博覧会(CITE)の巨大な会場に来ました。

中国(広東)旅遊産業博覧会

上海で開催する中国国際旅遊交易会(CITM)と違って、業者間の購買より、一般民衆への公開が大事です。

「広之旅」

なので、最大のブースは広東省にある旅行会社です。

「広之旅」

一般店頭申込より割引があるようですが、一般の民衆が殺到しています。まるでツアーのバーゲンみたいです。

「広之旅」

広東省の人間は、いかに消費力のあるかを再び実感できました。

各地観光局

旅行社のブースより、各地観光局のブースが著しくさびしいです。

各地観光局

一度中止になった日本からの出展もようやく見れました。

各地観光局

広東省は、首都の北京まで遥かですが、政治に対する意識が最も薄いです。

各地観光局

なので、政治問題による影響は、最も届かない所ではないかと思います。

広東省に関するお問い合わせ

9月 05 2013

成隆行蟹王府の新店OPEN

1 / 212