12月 17 2013

空気新鮮の上海が好き

こんにちは!チャイナエイトです。
 
上海旅行に来られる外国人観光客好みのコースですが、朝の公園を見に行くことです。
さてさて、中山公園で見かけた中国人の朝運動をレポートします。

書道の練習

このお爺さんを見てください。

書道の練習

綺麗な字でしょう!

書道の練習

中山公園の前に、大きな広場があります。たくさんの練習者がいますよ。

書道の練習

身体と頭脳の運動を兼ねているこの書道の練習はいいですね。
でも、一番いいのは「人に迷惑かけないこと」や「無料でできることです」。他の大きな音量を出しているスポーツより、静かでよいですね。インクや墨を買う必要もなくて、無料でできますね。

太極拳

もっとも中国らしいのは、この太極拳ですね。真剣にやっていますね。カセットテープで音楽を流しながら、「気」の練習ですね。

扇子の踊り

扇子の踊りも中国ならではですね。

中華武術

中華武術も、中国人だけですね。少人数ですが、武器の種類が多いですよ。

ダンス

叔母さん達は、やはりダンスが楽しいですね。

ダンス

しかも、いろんなクラブがあります。

合唱団

いっぱい集まって、大きな音量で練習している合唱団のメンバーです。その時代の歌ばかり歌っていましたが、若い時代への思いでですね。

雑談だけするお爺さん達

ベンチに座って、雑談だけするお爺さん達です。
すっかり高齢化が進化している中国の面影でした。

12月 13 2013

上海蟹、GO!

こんにちは!チャイナエイトです。

陽澄湖

 上海蟹を養殖している蘇州市陽澄湖の農家のへ訪問しました。
ちなみに、「上海蟹」って、日本語なんですね。中国語にはない言葉です。中国語は「××湖の蟹」という言葉しかありません。
実は日本人が言っている「上海蟹」は上海で養殖しているわけではありません。この蘇州市の陽澄湖で養殖した蟹が一番有名で、「上海蟹」ではなくて、「蘇州蟹」ですよ。

陽澄湖

蟹の農家への訪問は、事前アポが必要ですが、船で迎えに来ます。

陽澄湖

大きな湖で快速通過後、支流の農村地の河に入ります。

陽澄湖

ここの村の人々は、みんな自家船を持っていますね。

陽澄湖

こんな立派で広い農民の家に入りました。
蟹のシーズンになると、いっぱいの上海市民が来ています。蟹を食べる以外、週末をのんびり暮らす気持ちで来ていますね。

陽澄湖

その場で自分好みの大きさの蟹をチョイスして、包んでもらって、料理にしてもらえます。

陽澄湖

蟹は当然最高の味でした。濃厚なカニみそが絶品ですね。
持ち帰りの希望者も多いですが、1杯数十元から数百元の蟹が販売されています。さすが陽澄湖の蟹って、有名ですね。

陽澄湖

最後に船で高速道路の入口まで送ってくれますが、振り返って見たこの蟹の村は長閑でした。

 
 

上海蟹の産地で本場の上海蟹を堪能ツアー

12月 10 2013

蘇州山塘街 夜景は最高

こんにちは!チャイナエイトです。

山塘街夜景

通常の蘇州日帰りツアーと違って、珍しく夜まで蘇州滞在するコースにアテンドしました。世界遺産の庭や観光先は昼間に回って、この季節ではすべて5時前に終わります。

山塘街夜景

最後の立ち寄る場所は、この24時間賑わう山塘街へ来ました。

山塘街夜景

山塘街は明清時代の街並みを整備したショッピングやグルメを楽しめるストリートですが、昼間より夜のほうが綺麗と実感できました。

山塘街夜景

お客様の数も少なくないですが、決してつらい状態になりません。

山塘街夜景

非常に適度な込み合い具合です。

山塘街夜景

更に、運河遊覧船から運河を楽しめるコースや、太鼓橋から夜景を観賞するスポットが最高なんですよ。

山塘街夜景

最高な夜景ですね。
 

CRH新幹線で行く 蘇州日帰りツアー

蘇州昼間観光+西塘夜景ツアー

車で行く、蘇州日帰りツアー

12月 09 2013

紅葉狩り@蘇州天平山

こんにちは!チャイナエイトです。

天平山

 晩秋を迎えた中国の江南地区はもっとも美しいです。
日本人と同様(というか、昔の中国から日本へ伝えた文化)、紅葉を見ます。

天平山

 中国四大紅葉名勝地の蘇州天平山へ来ました。
天平山

中国四大紅葉スポットの一つに数えられていますが、その他の三つをおまけに紹介します。それは、北京の香山、南京の栖霞山、長沙の岳麓山です。

天平山
 話による、乾隆帝が6回も中国の江南地区へ視察(遊び?)に来ましたが、その内、4回も蘇州の天平山に来たそうです。
天平山

天平山の山は200m少々ですが、紅葉は山に登らずに見れます。

天平山
しかし、天平三絶と呼ばれる「奇石、清泉、紅葉」の三絶を全部見るには、やはり山に登る必要がありますね。紅葉だけなら、山の麓に大きな森林があるので、十分楽しめます。 

天平山

後、数百年の樹齢のある銀杏も綺麗な色です。

范仲淹の像

また、天平山で見かけたこの方の像です。
中国北宋時代の政治家、文人「范仲淹」です。
范仲淹のお父さんを含めた家族が蘇州天平山でお墓を作りましたが、范仲淹さんが亡くなってから、最後にお墓をここまで移したそうです。
中国人が誰でも知っている「岳陽楼記」が彼の名作です。
 
 
 
12月 06 2013

ジャッキー・チェンのFilm Gallery @長風公園

こんにちは!チャイナエイトです。

ジャッキー・チェンと龍の彫塑

上海の西側にある長風公園の近くに、香港スタージャッキー・チェンが設立した映画博物館が開業されました。

「龍」を書いたタイヤ

またグランドオープンしていないので(来年春節の予定)、知っている人が少ないですが、今後上海へ観光に来る人の定番スポットの一つになりそうです。

「龍」を書いたタイヤ

また目立たないですが、このタイヤに書いてある「龍」は持ち主の身分を証言しました。(ジャッキー・チェンの中国語名:成龍)

ジャッキー・チェンと龍の彫塑

またジャッキー・チェンと龍の彫塑は、このグランドスターの輝く歴史を語っています。中華武術を世界中に紹介して来たのは、ジャッキー・チェンの偉いことです。少し古いタレントですが、若者も含めて、中国の人々に愛されています。(香港人って、中国人ですからね。)
ジャッキー・チェンは自分の映画に使われた道具を上海のこの博物館に収納する予定ですが、香港からコンテナーで運んできて、2014年にグランドオープンするそうです。

ジャッキー・チェンと龍の彫塑

近づいて見ましょう。ジャッキー・チェンでしょう!
 
 
1 / 212