2月 27 2014

早春に蘇州への旅

こんにちは!チャイナエイトです。
上海から蘇州への日帰りツアーにアテンドして来ました。小雨が降りました。ぼんやりな蘇州見ました。

拙政園の梅

まずは世界遺産の庭園【拙政園(せっせいえん)】に来ました。
冬に来た時、まだ枯木だらけですが、意外と、早春の蘇州は梅が咲いています。寒椿も咲いています。
拙政園の築山の上にピンクの白い梅が咲いています。なんか、梅の島に入ったようです!嬉しい!

門の円から見る盆栽景色

門の円から見えた盆栽の景色に趣が有ります。

すかし窓から見る景観

また、すかし窓から見えた景観も趣が変わります。

同得興

昼食は蘇州麺の超有名専門店【同得興】で食べました。白湯(塩味スープ)豚肉の添えた水晶麺を頼みました。新鮮な野菜、あっさりしたスープ、大変旨かった!紅湯(醤油味スープ)の麺もありますよ!

雲岩寺前の梅

午後は虎丘山へ行きました。

雲岩寺前の梅

東洋のピサ斜塔【雲岩寺】の前に小さい梅林が有ります。満開ですね!落ち着いた静かな蘇州の一日でしたね!~ひとあし早い春の訪れ、旅に出かけましょう。
2月 07 2014

2014年豫園灯会

こんにちは!チャイナエイトです。

豫園ランタン祭り

上海人毎年の春節に必ず一度訪れるところです。上海の豫園エリアに旧暦の正月に開催するランタン祭りです。

ランタン飾り

この時期だけ、中国伝統文化のランタン飾りがつけられます。

ランタン祭りの飾り

きれいですね!

今年は馬年ですので、また中国語の四字熟語「龍馬精神」があって、主役はこの馬と龍です。

大きくなって、もっときれいに見えますね!

西遊記

そうだ、そうだ。西遊記の中には、三蔵法師も白馬に乗っていますね。

ランタン飾り

その他、いろいろ伝統人物が登場します。

ランタン飾り

ランタン祭りの雰囲気ですね!

好運門

もっとも込み合っているのは、中心の「九曲橋」です。狭い橋ですが、すごい人です。
中国人特有の「他人に押されて進む」文化が、ここで十分体験できます。

中国伝統神話にある人物

池の上に、中国伝統神話にある人物が続々登場です。

中国伝統神話にある人物

七夕の伝説神話にある人物が登場します。

中国伝統神話にある人物

「牡丹亭」という中国伝統文化人物も登場します。

白雪姫

しかし、今年に白雪姫も登場しましたね!
2月 03 2014

春節休みにやること

こんにちは。チャイナエイトです。

今年の旧正月(春節)休みは1月31日~2月6日となっていますが、中国人はこの正月に何をやっているのでしょうか。

<1>買う物

人気のフードショップ

まず、こんな店が人気です。何を売っていますか?

落花生、向日葵の種、スイカの種が人気

中国人がこの休みの間、親戚回りが多いですが、主人が客に出すおつまみには、「向日葵の種」「落花生」「スイカの種」などがもっとも特徴的です。それを売る店は、休みになるほど、忙しくなります。

お飾り物

また、この時期だけに飾る中国らしいグッズもよく売れます。

<食べる物>

新年の家庭料理(前菜編)

新年は高級レストランで食べるのも多いですが、まさか1週間も休みますので、毎日宴会のわけではありません。家で食べることも多いですが、こんな感じの新年料理です。写真にあるのは、前菜だけです。これからどんどん暖かい料理を出します。

<もらう物>

お年玉

新年に一番楽しいのは子供ですね。お年玉はいっぱいもらえます。中国人は、旧暦大晦日の夜、子供にお金の入った赤い封筒を渡して、子供がそのお金を枕の下に敷いて新年を迎えます。中国語名は「圧歳銭」と言います。最近は裕福になった中国人は、子供へのお年玉がどんどん金額大きくなって来ましたが、日本円で数十万円から数百万円をもらった子供も少なくありません。

<やること>

銀行員が爆竹をやっている

ご存知のように、春節の風物詩は爆竹と花火ですね。この国民的なアクティビティがまさか近年、大気汚染の声が高まっていますが、自粛しています。しかし、それがないと、春節とは言えない文化があるので、少しでもやって行きたいです。

中国縁起数字の「88」で爆竹を燃やす

この銀行の職員もきっちり爆竹を数字の「88」にしていますね。中国語では、数字の8番は「発展」、「発達」、「お金が入る」を意味していますからね。

上海に関する問合せ

1 / 11