9月 30 2014

長江三峡クルーズの旅(6):白帝城&瞿塘峡

こんにちは!チャイナエイトです。

瞿塘峡

昼食を食べてから、また遊覧船で昼寝してから、午後3時頃、また集合のアナウンスが流れます。
デッキに上がったら、すでに長江三峡の第三部「瞿塘峡」に来ています。

瞿塘峡

長江三峡の中、瞿塘峡がもっとも山が険しいことによって著名です。
しかし、すでに水面が80m位あがっています。三峡ダムのない時は、ここは如何に険しい河流でしょうね。

白帝城

さて、午後の上陸観光は「白帝城」です。
ここから、自然景観の観光が終わり、人文的な観光に変わりますね。
中国人に「白帝城」を言ったら、まず李白のこの漢詩が歌われますね。

白帝城

早(つと)に白帝城(はくていじょう)を発(はっ)す

朝辞白帝彩雲間 朝(あした)に辞(じ)す白帝(はくてい)彩雲(さいうん)の間
千里江陵一日還 千里(せんり)の江陵(こうりょう)一日(いちじつ)にして還(かえ)る
両岸猿声啼不住 両岸(りょうがん)の猿声(えんせい)啼(な)いて住(や)まざるに
軽舟已過万重山 軽舟(けいしゅう)已(すで)に過(す)ぐ万重(ばんちょう)の山(やま)

白帝城

「白帝城」は昔、山の頂上にありますが、今は長江水面の変化により、島になりました。一本橋で渡ります。

劉備託孤

さて、三国志に興味のある方は、この「白帝城」のことをきっと分かります。
蜀漢の皇帝劉備が死に際し、息子劉禅を 諸葛孔明に託した「劉備託孤」舞台です。

白帝廟

では、白帝廟に入ります。

劉備託孤

「劉備託孤」の物語を演じています。

白帝城

しかし、ここでは、まだ一箇所自然景観の見る所があります。それは、人民元の10元札の裏に書かれている画面です。この白帝城の山から、絶好の見る場所が確保されています。

人民元の裏

温習ですが、人民元の裏にある画面です。
1元:西湖(浙江省・杭州)
5元:泰山(山東省・泰安)
10元:長江三峡(重慶市・奉節)
20元:漓江(広西省・桂林)
50元:ポタラ宮(チベット自治区)
100元:人民大会堂(北京市)

白帝城

中国の旅行って、少なくとも人民元の裏に書かれている場所程度を訪れなくちゃ~

パーティー

日が暮れて、また船に戻ります。今夜は、パーティーが開催されますよ。

パーティー

長江遊覧船の旅に、退屈な時間は一刻もありません。すべての時間に、好きなエンタテイメントをチョイスできます。上陸の観光以外、船上にも映画館もあり、水泳プールもあり、ドリンクバーもあり、ゲームセンターもあり、図書館もあります。本当に豪華遊覧船でのクルーズが楽しいですね。そして、このようなイベントも毎晩ありますね。司会者は船に同行している2名の観光案内ガイドです。一人は中国語ガイド、一人は英語ガイドです。パーティーの時は、司会者も担当します。

パーティー

そして、船内の照明や音響も、すべてプロな施設です。

パーティー

出し物を演じている人は、船員の皆さんです。レストランの服務員もいれば、客室の係りもいます。プロなくんれんを受けていて、大変プロな演芸でした。
このような日々を暮らしますと、この船と別れたくなくなりますね。

長江ツアーに関するお問い合わせ

9月 29 2014

長江三峡クルーズの旅(5):小三峡と小小三峡の半日コース

こんにちは!チャイナエイトです。

小三峡

朝食の後、2隻の中型船に乗り換えて、「小三峡」の観光に入ります。

小三峡

ここはすでに長江ではありませんが、長江の1本支流の河です。
河の幅が小さくなり、水深が浅くなり、山も小さくなりますが、風景は昔の長江三峡と同じのため、「小三峡」と名づけました。

小三峡

長江三峡って、中国人の魂になる場所ですが、すでにダムの建設で風景が破壊された残念もあって、この「小三峡」で昔の思い出を味わうしかないですね。しかし、子供でも、真剣に写真を撮っていますね(笑)。

小三峡

確かに、ここの風景は、昔の長江三峡とそっくりですね。サイズだけ一個小さいです。

小三峡

自然の村も綺麗です。

小小三峡

「小三峡」の次に、またオプション(120元)で「小小三峡」です。
更に、小型船に乗り換えます。希望者だけ参加しますが、不参加の人は中型船に乗ったまま、長江遊覧船に戻ります。

小舟

小舟ですが、すでにエンジン付きです。

体験撮影

昔の三峡漁民が着ていた笠を着用して体験撮影できます。

小小三峡

水面が静かで、のんびり観光することができます。

懸棺

観光の内容ですが、主に絶壁にある「懸棺(崖墓)」を見たり、山にある洞窟を遠くから眺めたりすることです。約40分ほどのコースでした。
これで、また先ほどの中型船の戻って、長江遊覧船に戻ったら、すでに12時半も過ぎました。すべて遊覧船で昼食が食べれるようになりました。

長江ツアーに関するお問い合わせ

9月 28 2014

長江三峡クルーズの旅(4):朝の巫峡

こんにちは!チャイナエイトです。

巫峡

遊覧船が一晩の運航を通して、重慶市管轄の長江流域に入りました。
窓の外にある景色が変わっていきます。

巫峡

すでに三峡の第二部の「巫峡」流域です。

巫峡

ここの山が、西陵峡の山と違って、やはりいろいろな形に風化された。たとえば、この山が美人のように見えると船内の案内ガイドが説明してくれました。

巫峡

朝早いですが、すでにトップデッキに撮影に来た人が多かったです。

長江の河

長江の河もまっすぐではなくて、どんどん回ります。

長江の河

船の後ろを見ても、河が回っています。

巫峡

実は、長江ダムの建設によって、ここの区間はすでに昔より80mぐらい水位が高くなりました。想像して見ると、今の水面より80m以下の水面で運行すると、この山々の景観が壮観でしょうか。残念ながら、すでに写真でしか見れない昔の三峡の風景です。

巫峡

ここの山には、なんだか蝙蝠や、羊などが見えるそうです。
見えますか?

中型船

そして、今日のスケジュールは迎えに来る中型船に乗り換えて、「小三峡」への観光です。これも船のチケットの含まれる全員の観光コースです。早速朝御飯を食べて、体力を準備しましょう。

長江ツアーに関するお問い合わせ

9月 24 2014

長江三峡クルーズの旅(3):三峡ダム&ウェルカムパーティー

こんにちは!チャイナエイトです。

昼食

午前中が三峡人家を見学した後、船に戻り、昼食のバイキングを食べます。
昼食を食べている間、すでに船が動き始め、次のところへ移動し始めます。
午後は、期待していた「三峡ダム」です。それがオプションではなくて、この船のコースに付いている全員の団体行動です。

バス

長江クルーズの旅で、ここがメリットです。
昼食後は、すぐに部屋に戻って、シャワーを浴びたり、ベッドで横にしたりすることができます。午後3時頃、アナウンスが流されます。三峡ダムの下船観光が始まります。すでにバスが一杯待っています。

三峡ダム

三峡ダムの見学は少し体力かかるコースです。
ダムを全貌を見るには、ちょっとした丘に登らなければなりません。
エスカレーターが付いていますが、やはり歩く分が多かったです。

模型

しかし、巨大な工事をいくら山に登っても、やはり綺麗には見れません。
模型からは、やっとダムの全体が分かりました。
実物を見るのは、やはりその「大きさ」を体験することです。

三峡ダム

もう人類の言葉で表現できない巨大な工事です。

船長ウェルカムパーティー

ダムの本体を見たら、またバスで船に戻ります。
夕食の後、船長ウェルカムパーティーが開催されます。

船長ウェルカムパーティー

さすがこの最新型の船に、エンタテイメント施設が充実されています。
非常に大きなホールを持っています。

船長ウェルカムパーティー

ウェルカムと行っても、すでにこの船に登って24時間以上経ちましたね。一応形式上、ウェルカムです。

船長ウェルカムパーティー

その後、Crewがダンスしてくれました。
賓客も、自由参加OKです。

三峡ダム

パーティの後、部屋でのんびりしてから、このコース最大の楽しみを待っています。それが、自分の乗っている船が、巨大な三峡ダムを通過することです。

ダムの1号水門

なぜか、水流の関係で、今回は23時頃、ようやくダムの1号水門前に並び始めます。全部で5回の水門通過に、4-5時間かかるそうです。それは全部見ることができず、1号水門の通過経過だけを見ることにしました。

ダム

全部5室のダムがそれぞれ22.5mの水位を高めることになっています。この万トン級の豪華客船でも、数隻入れる広さです。本当にこのダムの中に入ると、人間が小さいことが分かりました。

ダムの1号水門

巨大な水門が閉まったら、水が入ります。巨大な船がすぐに上水室の壁と擦れ合いながら、上がり始めます。この巨大な工事を完成できたことには、深く感動しました。

1号水門

1号水門を見るだけで、すでに未明0時を過ぎてしまいましたので、翌日も充実なスケジュールが入っていますので、部屋に戻って寝ました。
寝ている間でも、自分のカレンダーがダムの壁と擦れ合う音が聞こえています。今夜は船の操縦士が徹夜作業ですね。

長江ツアーに関するお問い合わせ

9月 18 2014

長江三峡クルーズの旅(2):西陵峡&三峡人家

こんにちは!チャイナエイトです。

三峡クルーズ船

三峡クルーズ船での初夜はぐっすり眠れました。ベッドも枕も、きちんとしていますので、寝心地がよいです。しかし、いつ船が出航するかは懸念していましたので、朝5時にすでに起きました。
ベランダに行ったら、いつの間にか、船が運航開始しました。
すでに目の前に、このような山水画の画面が広がって来ています。美しい極まりです。

三峡

この先に、ちょっとした村が見えています。
が、客室まで放送が流れますが、朝食が始まります。

バイキング

今日からの一日三食はすべてこの船で食べます。
しかも、全部このレストランです。
しかも、全部バイキングです。
中国の国情に対しては、バイキングは無難な形式ですね。

西陵峡

朝食の後は、早速6階にあるトップデッキに上がりました。
三峡のひとつ・西陵峡の風景が満喫です。
いつの間にか、朝食している間、すでに船が留まっています。
2日目の午前中は、280元のオプションで、「三峡人家」を見学することになっています。

三峡人家

ちなみに、オプションが船のフロントで申込できます。申込のない人は、船の客室でゆっくりしますが、半日もくだらないし、せっかくですし、少し高いですが、申込しました。
世界中に知られる「三峡ダム」の建設によって、三峡の水位が80mぐらい高くなりました。昔からの三峡風景がすでに大きく変化しているようですが、今から行くこの「三峡人家」だけが、昔からの三峡風景が保存されている支流の川とのことです。

フェリー

時間になりましたら、申込した人がレシートを持って下船します。約30-40人が一つのグループになり、一人の現地ガイドが案内してくれます。
まずは、フェリーに乗り換えて、自分の船が泊まっている長江の向かい側に移動します。

現地ガイド

現地ガイドさんがすべて綺麗な衣装を着ています。

現地ガイドさん

この湖北省人々の昔の衣装ですよね。

黄金8号

フェリーが出航したら、ようやく自分の乗った「黄金8号」の巨大豪華遊覧船の全貌が見えました。
確かに、重慶にある船会社に所属していますので、船員はすべて重慶の方言(四川語)を喋っています。

三峡人家

フェリーが長江の向かい側に止まったら、一つ小さな町を通過したら、三峡人家の自然保護区に入ります。

三峡人家

緑が感動的な色です。
トップクラスの5A観光地になっていますので、昔の人々の生活を再現するように、ちゃんと船にも、美人スタッフを派遣していますね。

三峡人家

遊歩道に進んだら、ますます綺麗になります。

三峡の景観

なるほど、これこそ、昔の三峡の景観ですね。

三峡人家

自然風景のほか、生活していた人間の姿も再現しているので、面白いです。写真スポットも多すぎるほど多いです。

長江の魚を取る網

この船にある網が、昔の漁民達が長江の魚を取る道具とのことです。

三峡人家

今回は上りのコースにしましたので、ここが最初の下船観光のスポットになっています。もし下りコースにした場合は、最後のスポットになるのでしょう。その場合は、もっと深く三峡の景観を理解できるのでしょうか。

三峡人家

水も素晴らしいほど、綺麗です。
これが、中国??

三峡人家

約30分ほど歩いたら、一つの山にある村が見えてきます。

三峡人家

素晴らしいスタッフが昔の人々の生活を演じています。

三峡人家

さすが5Aですが、これほどの人力を使いましたね。

野生猿の拠点

途中、野生猿の拠点を通過して、この滝の前でUターンします。

話によると、遊歩道はもっともっとありますが、長江遊覧船に戻るスケジュールになっているので、ここでUターンするそうです。

結婚式

また先ほど一度通過した山にある村では、一つ昔の湖北省三峡地区の人々の結婚式を演じるアトラクションを拝見しました。

結婚式

なんだか、昔は男の子を村の女の子と結婚したら、3年間でこの村を出ることができないそうです。それで、今日も観客の皆さんの中から、一人の男の子を選んで、この村の女の子と結婚するそうです。

結婚式

しかも、この村の女の子が結婚する時には、家族全員が大きな声で泣く文化があるそうです。

結婚式

で、結局一人のお爺さんが彼女の選ばれて、彼氏になりました。(爆笑)
むりやりに新郎の衣装を着させて、部屋に連れてしまいました。

結婚式

それで、全員泣きます。

結婚式

最後、お部屋に入って初夜を・・・(笑)
という歓声でアトラクションが終わりました。

そろそろ船に戻って、午前中の観光が終わります。
さようなら、三峡娘!
さようなら、三峡人家!

三峡

この緑が忘れられない!
この水の綺麗さが忘れられない!
楽しかった~

長江ツアーに関するお問い合わせ

1 / 212