12月 17 2014

楓橋夜泊  <張 継>

こんにちは!チャイナエイトです。

前日蘇州の寒山寺へ行ってきました。唐代の詩人張継が詠んだ漢詩「楓橋夜泊」の石碑があることでも知られる。俞越は書いた「楓橋夜泊」という石碑は一番有名なのです。

楓橋夜泊

まず、「楓橋夜泊」という漢詩について説明させていただきます。
楓橋夜泊  <張 継>
ふうきょうやはく  <ちょう けい>
月落ち烏啼いて霜天に滿つ  つきおちからすないて しもてんにみつ
江楓漁火愁眠に對す    こうふうぎょか しゅうみんにたいす
姑蘇城外寒山寺          こそじょうがい かんざんじ
夜半の鐘聲客船に到る   やはんのしょうせい かくせんにいたる

月は冴えて水の面に映り、烏がないて、霜の気配が天に満ちている。川岸のかえでの間には、いさり火が点々として、旅愁のためにうつらうつらとして眠れない私の目にうつる。そんな折、姑蘇城外の寒山寺から打ち出す夜半を告げる鐘の音が、私の乗っている旅の船にまで響いてきたのであった。

張継は中唐の詩人。字は懿孫(いそん)、湖北省襄州(じょうしゅう)の生まれ、天宝12年(753)進士。

また、石碑にある小さい文字説明させていただきます。この小さい文字は石碑の歴史の説明です。

石碑

まず、中国語で書きます。「寒山寺旧有文待诏所书唐张继《枫桥夜泊》诗,岁久漫漶,光绪丙午,筱石中承于寺中新葺数楹,属余补书刻石。」
日本語で説明いたします。唐代のとき、寒山寺に文待詔(文徴明の官名-唐代の有名の詩人)書いた唐代の張继「枫桥夜泊」詩があり、長い時間を経て、石碑を壊れました。清代の時、改築したばかりの寒山寺で蘇州中承(県長)陳變龍(当時の役人、字筱石、)は、俞越に新しい石碑を彫刻させる。

寒山寺に関するお問い合わせ
CRH新幹線で行く 蘇州日帰りツアー

車で行く、蘇州日帰りツアー
蘇州+周庄 水郷巡り日帰りツアー

12月 17 2014

クリスマスが来たぞ

こんにちは!チャイナエイトです。

クリスマス

12月に入ったら、もう2014年は残りわずかです。
クリスマスと新年の雰囲気が濃くなっています。

クリスマス

上海の新天地ではデッカイなクリスマスツリーが飾ってあります。

クリスマス

グランドハイアットホテル前の2015年を迎える装飾です。

クリスマス

静安寺にもリッチなクリスマスツリーがあります。

クリスマス

デパートなどでも、年末バーゲンや還元セールを大々的にやっています。

クリスマス

中国人に対しては、本当の意味での「新年」はまだ旧正月ですが、都会部では、西暦の正月も大事に過ごしていますね。

12月 10 2014

中国の秋

こんにちは!チャイナエイトです。

中国のネットユーザー間での写真交換活動です。
自分の町の秋の様子を公開します。

もっとも美しい秋の姿は人々に愛されています。

広大な国土を持つ中国では、各地が秋に入る時期が異なります。

しかし、秋の景色は似ています。

ネットでの写真交換活動が流行っています。

違う空間にいる人々は、自分の秋に対する愛情を表しています。

さすが大自然に対する愛情はどこの世界でも同じかもしれません。

自分の住んでいる町の秋はどんな様子でしょうか?

1 / 11