2月 21 2017

10年ぶりに中国の在来線電車に乗った

切符

切符

週末に蘇州から上海に戻るための高速鉄道が全部満席になって、やむを得ず、在来線の電車に乗ることになりました。
電車切符が15.9元で、新幹線より24元安いです。

中国在来線電車

中国在来線電車

上海にいると、ほとんど高速鉄道ばっかりで、在来線の電車に乗るは10年ぶりかもしれません。
今の在来線電車は、すべて緑になっています。

中国在来線電車

中国在来線電車

車内はこんな感じです。IPhoneは綺麗そうに取れていますが、実はさすが年数がありますね。

プレート

プレート

そして、掛けれているプレートでは、車両の年数が分かりますね。

連結部

連結部

車両連結部では、タバコがOKです。それも一部の人に対しては、在来線電車のメリットですね。

車内弁当

車内弁当

電車切符が24元安くなりましたが、運行時間が1時間長くなりました。
20元を使って、車内で弁当を買いました。6元を使って、コーラを買いました。
中国新幹線の弁当はすべて冷凍ご飯が電子レンジで加熱されていますが、ここの在来線弁当は駅職員や電車の職員が作ったご飯です。旨いとは言えませんが、家庭料理の味で好きでした。
毎日急ぐ新幹線に乗るより、大分気分が違います。ゆっくりご飯を食べて、電車の音を聞きながら上海に戻ってきました。

 

2月 20 2017

蘇州駅ではまってしまった

上海から新幹線で蘇州ツアーへのアテンドに行って来ました。今回はチャータープランのため、行きの帰りの電車切符はすべて駅に着いてから買うことになっています。上海から行くのはまだ順調でしたが、帰りが・・・

切符販売所

切符販売所

蘇州駅に着いたら、切符販売場がこんなに並んでいます。なぜ中国各地の鉄道切符販売所はみんな照明が暗くて・・・

中国人専用の自動発券機カウンター

中国人専用の自動発券機カウンター

そして、隣の自動切符販売機のところも行きましたが、こんな状態でした。

駅の入口

駅の入口

16時頃蘇州駅に着いたものの、入手した切符が20時以降でした。しかも、切符をもって駅舎に入ろうとしたところ、安全検査でもものすごい行列でした。

【PR】中国国内CRH新幹線切符手配【上海⇔蘇州】 ※最新列車時刻表※

2月 11 2017

2017年の元宵節に100階展望へ

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

今日は中国の伝統祝日の元宵節です。ツアーアテンドで上海SWFCビル100階展望台に上りました。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

元宵節は旧暦の正月15日で、昔の中国では、旧正月の終わりはこの日になっています。今の中国の農村部でも、その習慣になっています。なかなかよい天候に恵まれる、お客様とともに、100階展望台で長時間を滞在することにしました。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

窓に、まだ春節の飾りで、切り紙が貼ってあります。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

気温はまだ低いものの、この天候の景色は最高です。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

夕方から夜まで、空の色が変わり、一回の入場で上海の昼と夜の景色両方も見れるようにしました。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

昼より、夜の上海がもっときれいとお客様が言っています。

SWFCビル100階から見た上海

SWFCビル100階から見た上海

確かに、都会の魅力は夜にありますね。さあ、春節はようやくこの日をもって、終わりました。これからの一年で頑張ります。

 

1 / 11