1月 17 2017

2017年旧正月の帰省ラッシュ「春運」が始まった

地下鉄駅の中の風景

地下鉄駅の中の風景

旧正月を迎える上海の地下鉄駅です。荷物を背負っている人が多いです。

荷物から分かる帰省労働者

荷物から分かる帰省労働者

それは都会で働いている労働者が田舎に戻る動きです。

上海駅へ行く人々

上海駅へ行く人々

上海の場合は、常住人口が2300万人がいるものの、約1000万人が消えてしまいます。

若い労働者

若い労働者

鉄道に頼る帰省ラッシュは「春運」(春節前の運送)と言います。

ペンキバケツや尿素の袋はすべて荷物の箱になる

ペンキバケツや尿素の袋はすべて荷物の箱になる

持っている荷物の包み方が独特な中国風景です。

 

1月 16 2017

西塘の食べ歩き

水郷の西塘

水郷の西塘

水郷の西塘に来ました。

冬の西塘

冬の西塘

夕方の町が特別なムードです。

西塘

西塘

船が静かにお客さんを待っています。

水路

水路

のんびりした水郷の風景に感動しています。

豚足屋

豚足屋

そして、ここに来て食べなければならない物は何でしょうか。

豚足屋

豚足屋

赤い色なのは、豚のもも肉と足です。醤油で煮込んだものは真空パックで持ち帰ることもできます。

臭豆腐屋

臭豆腐屋

西塘の町至る所にある臭豆腐屋です。お婆ちゃん作っているのがほとんどです。

登録商標:管老太臭豆腐

登録商標:管老太臭豆腐

中には、登録商標になる「管老太臭豆腐」が名物です。

冒険屋

冒険屋

変わった食べ物と言えば・・・(言葉で表現できません)

ドリンク屋

ドリンク屋

梨や白木耳、棗などでブレントした暖かいお茶も15元/杯です。

西塘夕日

西塘夕日

日が暮れましたら、最も素敵な夜景が始まります。

【PR】<<午後発、夜帰着>>水郷の西塘にて屋台を楽しむ 日帰りツアー

1月 15 2017

春節を迎えている水郷の朱家角

朱家角の水路

朱家角の水路

なかなか素敵な冬の晴天で、上海郊外の水郷「朱家角」に来ました。気温は冷え込んでいますが、空気が良くて、素敵な青空が見えました。

遊覧船

遊覧船

水郷に来ましたので、もちろん、手漕ぎの遊覧船の体験が不可欠です。

運河巡り

運河巡り

白い壁に黒い煉瓦、赤い屋根付きの木造の橋が朱家角の特徴です。

太鼓橋

太鼓橋

船から見えた古い太鼓橋も素敵な円形で整えています。

街のランドマーク

街のランドマーク

ランドマークである上海最大規模の太鼓橋「放生橋」が素敵に見えています。

放生橋

放生橋

他の客を乗せている遊覧船も画面に入って来ました。

東洋のベニス

東洋のベニス

たくさんの船がすれ違っている画面でまるでベニスに来ました。

野菜市場

野菜市場

船から降りたら、町の散策にぶらぶら。

野菜市場

野菜市場

農家の方がいろいろ売っています。

B級グルメ

B級グルメ

一番有名なのはチマキと豚足です。

店の看板

店の看板

テレビ局が取材に来た時の写真も大々的に掛けています。

ちまき

ちまき

チマキの中身はもち米のほか、中華ハムと塩卵の黄色身です。食べ歩きにも最適です。

狭い路地

狭い路地

それから豚足は圧力鍋で長時間かけて煮込みます。

漬物屋

漬物屋

100年歴史の漬物屋さんの「醤園」も有名です。

乾す物

乾す物

売り物ではありませんが、現地人が干している魚と肉があります。それは旧正月料理に使われる食材の準備です。なかなか旧正月が近づいていると実感できました。

【PR】のんびり上海近郊半日観光水郷・朱家角

【PR】朱家角+周庄+西塘の夜景 09:00-21:00

12月 23 2016

効率の悪すぎる 上海ディズニーランドの一日

こんにちは。チャイナエイトです。

12月19日の上海ディズニーランドへ行って来ました。月曜日を選んだのですが、わざと人や行列の少ない日にしたが、結局大失敗でした。

上海ディズニーランド入口前

上海ディズニーランド入口前

オフシーズンのため、朝9時のオープンです。8時半地下鉄11号線ディズニーランド駅から降りれました。徒歩15分でエントランスに辿り着きました。
セキュリティチェックを経て、ゲートへ。まあまあ行列は10分以内の状態で、いい感じでした。

上海ディズニーランド入場券

上海ディズニーランド入場券

入園して、ナンバーワン目指しているのは「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」です。これは簡単に毎日100分以上の行列が出る第一人気のアトラクションです。ひどい時は180分以上も待ち状態です。それはFPを取らないと無理です。

「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

入園してFPを目指しました。FP取得のため、40分並びました。何となく午後16時台のFPは無事にゲットしました。時間は9時45分です。

ファストパス

ファストパス

では、次のFPを取るには、2時間以降になるので、それの時間を利用して、近くの「カリブの海賊 バトル・フォー・サンケン・トレジャー 」に並んではいりました。入口に20分待ちと書いているので、よかったと思ったものの、実際は40分並んでやっと乗れました。

「カリブの海賊 バトル・フォー・サンケン・トレジャー 」

「カリブの海賊 バトル・フォー・サンケン・トレジャー 」

しかし、その1日の悲惨の経験はここからスタートしました。最初は興奮でパノラマスクリーンを楽しめましたが、突然途中で船が止まりました・・・5分位待っても進まないし、絶対壊れたと思ったものの、突然船がまた移動が始まりました。ところで、今回は逆方向で違うルートのエリアに突入しましたが、隣に経験していた乗客は「ルートが違う、一番素晴らしいシーンがパスした」叫びました。本当に!それなら、せっかく並んだ価値がなくなりましたね。

カリブの海賊から出たら、次は「七人のこびとのマイントレイン」に行くつもりでした。もう一枚のFPを取る時間にはまだなっていませんが、並んではいるには、90分と書いているので、どうしても勇気はありません。では、やはりFPをとらなければなりません。では、時間作戦で、みんなが並んでいるこの11時の時期を昼ご飯にして、11時45分になったら、七人のこびとのFPを取ろうとします。

レストランが閉店

レストランが閉店

『アナと雪の女王』の隣にあるレストランでご飯を食べようとしたら、「クローズ」だって!
嫌だ!客が少ないから、レストランまでもやっていないの?
しょうがなく、ファンタスティックランドまで歩き、「セレブレーション・カフェ」に行きましたが、また「営業していない」と言われました。それは最悪~
また歩いて歩いて、トゥモローランドまで行ったら、やっと「スターゲイザー・グリル」がやっています。

ハンバーガーがイマイチ

ハンバーガーがイマイチ

ハンバーガーがイマイチで、急いで食べて遥かなファンタスティックランドに戻り、七人のこびとのFPを取ろうとしたら、「もうない」と言われました。がっかり!

しょうがなくて、『アナと雪の女王』のショーを見ることに変えたところ、それも「いっぱいで次のショーを待ちなさい」と言い渡されました。今日はどうしたのでしょう・・・

スティッチ

スティッチ

散々トゥモローランドに戻り、トロン・ライトサイクル・パワーランの状態を見たかったのですが、お並びは130分待ちで、FPは無くなった!それもとうとう並ぶ勇気はありません。「スティッチ・エンカウンター」は15分待ちで中国語の楽しみが童心を呼び起こしました。

「スティッチ・エンカウンター」

「スティッチ・エンカウンター」

では、大きく目指している物は、どれも可能性なくなりましたので、やはりショー程度は見ましょうか。再度『アナと雪の女王』の前を通ったら、また一度「いっぱいで次をどうぞ」と言い渡されました。

もう嫌だ!

14時のパレートが始まります。早速見る場所を確保しましょう。

パレート

パレート

日本のようにみんなが座ってみるわけではないので、一番前の人から立っています。もう一日いっぱい歩きましたが、本来なら少し休憩できるものの、精神的も肉体的にも休めずにパレートを見るには格闘しました。閑散期のため、本来1日2回のパレートは1回に濃縮されました。この1回を見ないと、もう2度目ありません。夜もありません。

パレートを見終わったら、もう少し時間があるので、また念頭にある一番朝に取った「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」のFP時間になりました。ではでは、ナンバーワンの期待ははずれないでしょう。早速行きましょう。

ここは一番厳しいチェックです。FP提示のほか、入場券の提示も求められます。話によると、上海ディズニーランドには、ダフ屋さんも活躍しています。代行でFPを取るか、FPを転売しているかの活動をしています。なので、必ずFPと入場券を合わせないとここは入れません。厳しいですね。しかし、夢の世界にダフ屋さんが活動しているとは、夢を破壊してしまいましたね。

いずれにしても、FPで早く入られてよかったですが、それにしても本場までは30分以上かかりました。
入ってから、気づきましたが、なぜか2/3の席しか動いていません。1/3の席が休みしています。それなら並びますね。これほど人が並んでいるのに、全部動かしたらよかったのになぁ~

アトラクションはよく楽しめましたが、朝からの辛抱はそれなりに値打ちが出ました。
しかし、後の時間はどうするの?

七人のこびとも故障

七人のこびとも故障

もう見たいものは、並ぶ勇気がないし、携帯APPでチェックしたところ、七人のこびとも故障で並ぶことさえもできません。花火まではまだ時間があるので、どうしましょう。
考えた結果、お土産を買うことにしました。

売店

売店

クリスマスの直前で、家族にクリスマスプレゼントを買おうとしました。
しかし、またまたがっかりです。

園内のクリスマスツリー

園内のクリスマスツリー

園内の売店から、園外の売店まで、すべて見ましたが、クリスマス向けの商品は1カウンターしかありません。特別な物は一つも気に入るものありません。再度がっかりした気分で園内に戻り、ご飯を食べて花火を見ようとしました。

売店

売店

しかし、最後の最後、また悲惨な事件が発生・・・

最悪なレストラン

最悪なレストラン

花火までは45分あるので、ファストフード程度は十分間に合うと思ったものの、オーダーするには、25分かかった・・・しかも、メニューにあるものは、1点のみあり、チョイスするようがありません。それはどういうこと??人が少ないから食材の準備も少ない?もう時間がないので、何でもいいから早く食べさせてくださいよ!

夕方が来た

夕方が来た

10分程度でガチャガチャステーキのご飯を食べました。ステーキは硬くてまずいです。味もありません。急いでキャッセルの前に行ったら、もう人がいっぱいです。早速見やすいと思う場所を確保して、後5-6分でショーが始まります。
しかし、この5-6分で、無理やりに自分の後ろから自分の前に進もうとする人が十数にいました。前に場所がないものの、無理に前に進もうとしています。

日が暮れた上海ディズニーランド

日が暮れた上海ディズニーランド

花火は別に遠くからも綺麗に見れるのに、どうして無理やりに前に進むのですか?!
とにかく、イグナイト・ザ・ドリームが始まりました。
ショー自体はよく楽しめましたが、日本と違い、キャッセルの前に噴水もショーに参加しています。光が噴水と合わせて特別なシーンを作っています。それは、別料金になりそうですが、キャッセルの前に、特別優先席が設置されているみたいです。

【PR】一切並ぶ必要がない!上海ディズニーランドVIPサービス、七つのFP付きで園内体験

12月 21 2016

唐詩「楓橋夜泊」と蘇州の寒山寺

蘇州日帰りツアーのアテンドで上海から蘇州へ来ました。

蘇州 寒山寺

蘇州 寒山寺

千年古刹の寒山寺を訪れます。このお寺が有名になった理由は一つだけ、唐代の詩人張継が書いた唐詩「楓橋夜泊」が中国人の小学生時代に習ったからです。中国では誰も知ってる唐詩です。

寒山寺の鐘楼

寒山寺の鐘楼

<<楓橋夜泊>> 唐・張継
月落ち烏啼きて霜天に満つ、
江楓の漁火愁眠に対す。
姑蘇城外の寒山寺、
夜半の鐘声客船に到る。

石碑

石碑

【現代語訳】
夜が更けて月は西に傾き、烏が鳴き、霜の気が天に満ちている。
漁火の光が運河沿いの楓の向こうに見え、旅愁を抱いて眠れないでいる私の目にチラチラして見える。
姑蘇城外にある寒山寺から夜半を告げる鐘の音が響き、この船にまで聴こえてくる。

【PR】CRH新幹線で行く 蘇州日帰りツアー

3 / 5812345...最後 »