1月 30 2017

春節の伝統を楽しむ 水郷の錦渓

錦渓

錦渓

2017年の旧正月休暇に上海から車で1時間ほど距離の水郷「錦渓」に来て暮らすことにしました。理由は田舎で春節ならではの雰囲気を体験したかったです。

錦渓

錦渓

ここでは都会ですでに薄くなった旧正月の生活環境が残っています。

錦渓

錦渓

春節休みのためか、遊覧船もしっかり休んでいますね。他の人気観光地と違って、錦渓はまだまだそれほど人が溢れることはありません。

錦渓

錦渓

田舎とはいえ、お洒落な喫茶店やコーヒーショップもちゃんとありますね。

錦渓

錦渓

昼間の時間は、家族や友達とのんびりすることができます。

錦渓

錦渓

コーヒーを飲みたかったものの、やはりお茶にしました。

錦渓

錦渓

何よりものことですが、都会ですでに消えてしまう春節の風習が残っています。お肉や魚を乾して春節料理に作ります。

錦渓

錦渓

砂糖画です。

錦渓

錦渓

伝統菓子も幼い頃の思い出です。

錦渓

錦渓

どんな料理になるのでしょうか。

錦渓

錦渓

水に親しむ町なので、河鮮料理でしょうか。

錦渓

錦渓

そして、茶館の上の部屋は宿になっています。

錦渓

錦渓

赤い提灯が春節の宣言です。

錦渓

錦渓

さて、夜の水郷を迎えます。

錦渓

錦渓

現地人の生活を楽しみながら、春節休暇を暮らします。

 

【PR】素顔の古鎮・錦渓日帰りツアー

1月 27 2017

2017年上海豫園春節提灯祭り

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

国際大都会の上海では、一番春節の雰囲気が感じられるところと言えば、豫園で間違いありません。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

旧正月の前から旧暦正月15日の元宵節が盛り上がりです。人が多いですが、正月らしいと言えば正月らしいです。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

例年の経験で、正月の前に来ました。そんなに人が多くない時期かもしれません。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

今年の主人公は鶏ですね。
しかも、音声までも出る鶏です。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

しかも、世界の鶏です。なぜか、地球儀や平和鳩まで、いろいろ出場しますね。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

見どころのハイライトは「九曲橋」です。
しかも、きちんと柵が作られて、順番に入ることになりました。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

頑張って一個一個のシーンを写真に収めるようにしましたが、短い九曲橋を渡るには、30分かかりました。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

ここが九曲橋の起点です。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

中国後漢代の科学家「張衡」と彼の偉大なる発明、地震感知器「地動儀」と天文観測装置「渾天儀」です。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

中国古代伝説にある治水の英雄「禹」です。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

後ろの背景に、なぜか世界各国のスポットも入っています。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

そして、豫園商城で申請中の無形文化遺産の宣伝が終点にあります。

豫園ランタン祭り

豫園ランタン祭り

後半月程度、ランタン祭りが続きますよ。

 

1月 17 2017

2017年旧正月の帰省ラッシュ「春運」が始まった

地下鉄駅の中の風景

地下鉄駅の中の風景

旧正月を迎える上海の地下鉄駅です。荷物を背負っている人が多いです。

荷物から分かる帰省労働者

荷物から分かる帰省労働者

それは都会で働いている労働者が田舎に戻る動きです。

上海駅へ行く人々

上海駅へ行く人々

上海の場合は、常住人口が2300万人がいるものの、約1000万人が消えてしまいます。

若い労働者

若い労働者

鉄道に頼る帰省ラッシュは「春運」(春節前の運送)と言います。

ペンキバケツや尿素の袋はすべて荷物の箱になる

ペンキバケツや尿素の袋はすべて荷物の箱になる

持っている荷物の包み方が独特な中国風景です。

 

1月 16 2017

西塘の食べ歩き

水郷の西塘

水郷の西塘

水郷の西塘に来ました。

冬の西塘

冬の西塘

夕方の町が特別なムードです。

西塘

西塘

船が静かにお客さんを待っています。

水路

水路

のんびりした水郷の風景に感動しています。

豚足屋

豚足屋

そして、ここに来て食べなければならない物は何でしょうか。

豚足屋

豚足屋

赤い色なのは、豚のもも肉と足です。醤油で煮込んだものは真空パックで持ち帰ることもできます。

臭豆腐屋

臭豆腐屋

西塘の町至る所にある臭豆腐屋です。お婆ちゃん作っているのがほとんどです。

登録商標:管老太臭豆腐

登録商標:管老太臭豆腐

中には、登録商標になる「管老太臭豆腐」が名物です。

冒険屋

冒険屋

変わった食べ物と言えば・・・(言葉で表現できません)

ドリンク屋

ドリンク屋

梨や白木耳、棗などでブレントした暖かいお茶も15元/杯です。

西塘夕日

西塘夕日

日が暮れましたら、最も素敵な夜景が始まります。

【PR】<<午後発、夜帰着>>水郷の西塘にて屋台を楽しむ 日帰りツアー

1月 15 2017

春節を迎えている水郷の朱家角

朱家角の水路

朱家角の水路

なかなか素敵な冬の晴天で、上海郊外の水郷「朱家角」に来ました。気温は冷え込んでいますが、空気が良くて、素敵な青空が見えました。

遊覧船

遊覧船

水郷に来ましたので、もちろん、手漕ぎの遊覧船の体験が不可欠です。

運河巡り

運河巡り

白い壁に黒い煉瓦、赤い屋根付きの木造の橋が朱家角の特徴です。

太鼓橋

太鼓橋

船から見えた古い太鼓橋も素敵な円形で整えています。

街のランドマーク

街のランドマーク

ランドマークである上海最大規模の太鼓橋「放生橋」が素敵に見えています。

放生橋

放生橋

他の客を乗せている遊覧船も画面に入って来ました。

東洋のベニス

東洋のベニス

たくさんの船がすれ違っている画面でまるでベニスに来ました。

野菜市場

野菜市場

船から降りたら、町の散策にぶらぶら。

野菜市場

野菜市場

農家の方がいろいろ売っています。

B級グルメ

B級グルメ

一番有名なのはチマキと豚足です。

店の看板

店の看板

テレビ局が取材に来た時の写真も大々的に掛けています。

ちまき

ちまき

チマキの中身はもち米のほか、中華ハムと塩卵の黄色身です。食べ歩きにも最適です。

狭い路地

狭い路地

それから豚足は圧力鍋で長時間かけて煮込みます。

漬物屋

漬物屋

100年歴史の漬物屋さんの「醤園」も有名です。

乾す物

乾す物

売り物ではありませんが、現地人が干している魚と肉があります。それは旧正月料理に使われる食材の準備です。なかなか旧正月が近づいていると実感できました。

【PR】のんびり上海近郊半日観光水郷・朱家角

【PR】朱家角+周庄+西塘の夜景 09:00-21:00