観光地レポート プリント
龍門石窟
役立ち度:
(1票) 更新日:2013年02月20日

 敦煌の莫高窟、大同の雲岡石窟と並んで中国の3大石窟芸術の宝庫と称され、2000年11月に国連のユネスコから世界文化遺産に指定た石窟である。

 龍門石窟の堀削は北魏の孝文帝が都を洛陽に遷す(西暦495年)前後から始まり、前後にして東魏、北斉、西魏、隋、唐、五代(西暦534年~960年)を経て、南北の長さ1Km、2000余りの窟龕、10万尊以上の造像、40余りの仏塔、3600の碑刻題記を含む石窟遺存までに発展した。全部は東、中、西の3部分に分かれ、大小あり疏密ありて、蜂の巣のように雲岡丘の中腹に掘られている。各種宗教人物の彫刻は様々なイメージを持っており、大きいものは10数m、小さいものは僅か数cmしかなく、壮観そのものである。
 北魏時代の作品で最も代表的なものとしては、古陽洞、宝陽中洞、蓮花洞と石窟寺が挙げられる。唐代石窟のうち、奉先寺、万仏洞、潜渓寺、看経寺と大万伍仏洞などは最も有名である。

洛陽の観光情報はこちら

<<関連商品>>

【鄭州発着】洛陽日帰りツアー(少林寺+龍門石窟)

河南博物院、龍門石窟 日帰りツアー

【洛陽発着】龍門石窟&少林寺の日帰りツアー

洛陽定番観光 終日ツアー

  • 雲台山日帰りツアー
  • 洛陽日帰りツアー
  • 禅宗少林音楽大典 完全送迎ツアー
  • 曹操の墓+殷墟博物苑 新発見の旅
  • 洛陽定番観光 終日ツアー
  • 開封日帰り観光
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
河南の旅行会社
河南中州国際旅行社有限公司 河南中州国際旅行社有限公司
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール henan@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (0371)6592-6808 日本語可
(受付時間:平日10:00~18:00)