世界遺産
  • 送迎付
  • ガイド付
  • 全日
  • 現地払い可
  • 世界遺産
プリント
殷墟博物苑見学 日帰りツアー
注目度:
(26票) 満足度:
(0件) 更新日:2013年03月07日

 河南省安陽市北西部の延河の両岸に位置している「殷墟」は、中国商代後期(紀元前1300年~同1046年)の都城所在地であり、当時の政治、経済、軍事、文化の中心であった。盤庚による遷都から帝辛の時代の滅亡に至るまでの期間、殷朝の首都であったと伝えられる。
 「殷墟」は中国考古学の誕生地、甲骨文の発祥地である。この百年あまりの間に、殷墟からは16万枚以上の甲骨片、青銅器、玉石器が発掘された。

スケジュール

時間 交通 スケジュール内容
08:30 自動車

【お迎え】

担当ガイドは鄭州市内のホテルにお迎えに上がります。

専用車にて「黄河花園口景勝区」へ。

09:00 徒歩

【黄河見学】花園口景勝区

 鄭州市北の郊外の18kmの黄河岸に、かつて清王朝の時代では黄河の渡し場でしたが、古くは花園があったため、花園口と言われたのである。 後ろにかすんで見える黄河大橋は長さ6キロもある。

10:00 自動車

専用車にて「安陽殷墟遺跡」へ。(約2.5時間)

※途中昼食を取ります。

13:30 徒歩

 【殷墟博物苑見学】

 殷代の甲骨や青銅器が集中して発掘された場所であり、多くの遺跡と墳墓が発見された。洹水南岸に位置する小屯村北東部が宮殿などが位置する殷都の中心だったと考えられ、周囲からは工房跡なども発掘されている。(見学時間:約2時間)

15:30 自動車

専用車にて鄭州へ(約2.5時間)

18:00 なし

【帰着】

鄭州市内ホテル到着。お疲れさまでした。

ツアー料金

◎料金単位:お一人様の料金

料金カテゴリ 料金 予約
2名様以上でのご利用 1,200元 予約
1名様でのご利用 2,400元 予約
【料金に含まれる内容】
専用車代(高速道路代込み)、日本語ガイド代、入場料、昼食代
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 殷墟博物苑見学 日帰りツアー
ツアーコード JPHNNOPT0003
催行日 毎日
最小催行人数 1名
所要時間 約9時間
食事条件 昼食1回
案内ガイド 日本語ガイド同行
お申し込み期限 2日前
お申し込み条件 特になし
キャンセル条件 【取消料の規定】
前日・・・50%
当日・・・100%
催行旅行社 河南中州国際旅行社有限公司

担当者から一言

日本の縄文、弥生式文化と比較して遙かに高度な文明を持っていました。その地を尋ねて、その地で生活していた人々の息吹に触れてみませんか。