河南 お知らせ・ニュース|中国旅行のチャイナエイト
107件のお知らせがあります。(1-10件表示)
更新日:2024年07月07日
【現地ニュース】 中国ドラマ【夢華禄(むかろく)】の背景は河南省開封市
中国ドラマ【夢華禄】(むかろく)今日本に放送しています。北宋時代の都が中国河南省の開封市です。今開封市に北宋時代と関係がある観光地は清明上河園です、北宋時代の名画【清明上河図】で建てられたのテーマパークです。軒を連ねている古風の建築によくショーが登場します。ゆったり遊んで約1日かかります。
宋の時代の人々の生き方とか、文化などを表しています。
更新日:2024年07月04日
【お知らせ】 2024中国(河南)新エネルギーウェヒセレ ラーリ試合は8月28日から鄭州、洛陽、安陽、焦作など町に
2024中国(河南)新エネルギーウェヒセレ ラーリ試合は8月28日から鄭州、洛陽、安陽、焦作など都市に行われるそうです。
今日、7月4日、鄭州人民政府、鄭州市スポーツ局、河南テレビ放送局など機関からのニュースです。
スケジュールは大体下記のようです。
8月28日 鄭州ゲーム
8月29日 洛陽ゲーム
8月30日 焦作ゲーム
8月31日 安陽ゲーム
希望者の方方は ご参考してください。
更新日:2024年06月20日
【現地ニュース】 洛陽の名物料理
洛陽の地元朝食が面白いです、いろいろスープです。牛肉するとか、羊肉スープとか、豆腐スープとか、さらに驢馬肉のスープです。そのスープの専門店は朝5時半ごろオープンします。夢中のスープのファンスは現地に湯客と言われます、湯が中国語にスープの意味です。その湯客は朝の最初のスープを飲むのが夢中です。最初のスープは味が濃い、絶品だそうです。
その料金も高くないです、一番安いのが人民元で6元upです。
機会があれば洛陽にいらっしゃって、洛陽料理を楽しみましょうよ。
更新日:2024年06月19日
【現地ニュース】 洛陽に漢服で撮影69元up
中国SNSに洛陽は人気の観光都市となっています。物価が安いし、交通も便利し、ライトアップ下の古風老城に奇妙な体験があります。
夜にライトアップの輝くの古代建築前に古風な中国伝統服装を着て写真を撮るのは今若者に流行っているのです。これら中国古風の服装の総称は漢服ですが、実にデザインで漢風、唐風、宋風、砂漠風(シルクロードの国の服)などいろいろあります。
洛陽市にこの漢服を借りる店が多いです、今店舗は千個以上あるそうです。
その着を借りるのは最低に69元くらいです、デザインで別々です、実に人気があるのは服、化粧とカメラマン連れるのワンセットのサービスです。料金が大体200元です。
その漢服を買えます、普通に100元くらいで、デザインと質で区別があります。
更新日:2024年06月14日
【現地ニュース】 安陽観光のポイント
安陽殷墟博物館新館、また【大邑商】と言われる展示ホールは今年ヒノキ舞台を登場し、広い博物館で人気があります。
また 曹操高陵博物館も新しく公開して三国ファンスに注目されています。
殷墟博物館新館と曹操高陵博物館は安陽の今観光の二つパイントです。
更新日:2024年03月08日
【現地ニュース】 2024年洛陽牡丹祭 2024年4月1日より開催
一年一度の洛陽牡丹祭は例年通り、今年、即ち2024年4月1日より洛陽全地域に行われるそうです。
牡丹の最盛期は今年に大体4月10日~16日前後です。
また今年に隋唐洛陽城の夜のライトアップも登場しています。
この時に洛陽のホテル代も倍以上上がります。
更新日:2024年02月22日
【お知らせ】 安陽殷墟博物館新館再開
2024年2月26日から6か月ぶり世界遺産安陽殷墟博物館の新館が再開するそうです。

新しい展示ホールを建てて、新しい展示品をたくさん登場するそうです。

料金も変更しました。殷墟遺跡(宗廟遺跡と王陵遺跡含め)が50元ですが、博物館新館の入場料は80元で、合わせて130元となるそうです。

先に予約する必要があるそうですが、外国人は現場でパスポートで入場券を取れるそうです。
更新日:2024年02月16日
【現地ニュース】 2024年2月春節旅行 洛陽大人気
2024年2月10日から17日中国春節の連休です。中国各地に旅行者は賑やかとなっています。洛陽は中国ホット観光地目的地の前トップ4番になっています。その中に各都市の地下鉄利用人数は洛陽が全国NO.1です。
洛陽大人気の観光地スポットは龍門石窟、白馬寺、隋唐洛陽城、洛邑故城、洛陽博物館などがあります。
洛陽の人々が熱心し、物価が安いし、各観光地が体験が便利し、などで評判がとてもいいです。
更新日:2023年12月28日
【現地ニュース】 2023年12月28日から鄭州から許昌まで城鉄開通。
今日、2023年12月28日から鄭州から許昌まで専用城鉄「鄭許線」開通となります。この鉄道は地下鉄のよう運営しています。切符代最高10元(人民元)ということです。沿線に重要な駅が鄭州新鄭国際空港、許昌東駅(高鐵駅)などあります。全長が約70キロです。
許昌は歴史に三国時代に漢と魏の都の所在地ですが、今漢魏故城、春秋楼、覇陵橋、曹丞相府などあります。
鄭許線の開通で河南省の観光に対して最も便利になっているようになります。
更新日:2023年11月01日
【お知らせ】 11月1日から中国入国際の健康QRコード申請が不要となり
11月1日から中国各税関に元の健康コードのQRコードで提示と申請が廃止されると公示しました。
そして出入国審査はコロナ前の状態に戻りました。
日本からゲストに対してまたビザが必要です。
  • 雲台山日帰りツアー
  • 洛陽定番観光 終日ツアー
  • 開封日帰り観光
  • 禅宗少林音楽大典 完全送迎ツアー
  • 曹操の墓+殷墟博物苑 新発見の旅
  • 洛陽日帰りツアー
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
全て表示
河南の旅行会社
河南中州国際旅行社有限公司 河南中州国際旅行社有限公司
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール henan@china8.jp
お電話 +86-(371)8616-1000
(受付時間:平日10:00~18:00)